3月18日    少年ジェット   1959年  (昭和34年)
直線上に配置                            

少年ジェットこと北村健は、船越探偵の助手として活躍する少年探偵である。

名犬シェーンを引きつれ、愛車ラビット号で、難事件の現場に現れ、強敵に立ち向かう。
「ウー、ヤー、タァー!」と叫べば、大地は揺れ動き、大木も裂けてしまう「ミラクルボイス」とショック銃「スーパーコルト」が武器。
いかなる困難、危険も乗り越えて、少年ジェットは今日もゆく(ナレーションより)

ルーブル美術館から、怪盗ブラックデビルが盗みだした、時価一億円のルイ14世のダイヤ。
熾烈な争奪戦のあげく、ついにダイヤの行方が明らかになった。

ブラックデビルとにらみあう少年ジェット、そして荒川警部。

デビルは不敵な挑戦を投げつける。
「この屋敷に隠されたダイヤ。もし、キミが先に発見したら、おとなしく手錠を受けましょう。でももし、わたしが先に見つけたら...」

制限時間は10分。透視レンズでくまなく探すデビル。
やがて、ジェットの愛犬シェーンが宝石箱を掘り当て、3人の前に差し出した。

宝石箱を奪い、逃げ去ろうとするデビル。そのとき、ジェットのミラクルボイスが炸裂した。
「ウー、ヤー、タァー!」

1959年 フジテレビ放映、大映作品 原作:武内つなよし

-------------------------------------------------------------------------------------

少年ジェットの宿敵といえば、怪盗ブラックデビル。

シルクハットに黒マント、はねあがった口ひげに片方だけのサングラスがいかにも胡散臭い。
白手袋でステッキを振り回しては雷を落とす「呼雷術」が彼の得意技である。

このブラック・デビル、一癖ある悪人だが、それなりのモラルを持ち、血を見るような凶行に及んだことは一度も無い。
むしろ人命にかかわる場面に出会ったりすると、少年ジェットと協力して人助けしたりする。

少年ジェットという作品の素晴らしいところは、悪役のデビルを実に魅力的に描いていることである。
今どきの極悪非道の悪役と比べると、彼にはどこか許せる部分があり、その人間臭さがなかなかいい味を醸し出している。

「ゼットくん、また会おう! それまで元気でいたまえ! フハハハ」
などと、怪盗のくせに言葉が丁寧で紳士的なキャラは実に新鮮で、むしろ清々しさすら感じられる。

最後には改心して、盗み集めた宝石のすべてを東京湾に捨ててしまうのである。
そしてジェットに「君の今後の活躍を世界のどこかで見守っている」というエールの手紙を送ってくる。

悪人だが憎めないそのキャラクターの秀逸なできばえは、作者の構想の反映なのだろうか、実に個性的で好ましいものを感じた次第である。


直線上に配置