3月24日    学生街の喫茶店    1972年  (昭和47年)
直線上に配置

君とよくこの店に来たものさ  わけもなくお茶を飲み話したよ
学生でにぎやかなこの店の  片隅で聞いていたボブ・ディラン

あの時の歌は聞こえない  人の姿も変わったよ  時は流れた
あのころは愛だとは知らないで  さよならも言わないで別れたよ  君と

君とよくこの店に来たものさ  わけもなくお茶を飲み話したよ
窓の外街路樹が美しい  ドアを開け君が来る気がするよ

あの時は道に枯葉が  音もたてずに舞っていた  時は流れた
あのころは愛だとは知らないで  さよならも言わないで別れたよ  君と

作詞  山上路夫    作曲  すぎやまこういち



「学生街の喫茶店」は「ガロ」最大のヒット曲であり、彼らの名前を広く世間に知らしめた曲でもあります。
この歌のモデルになった喫茶店は、JRお茶の水駅から明治大学のほうに数分歩いたところにあった「丘」でした。

喫茶店「丘」は、ちょっとアンティークな内装で、60年代アメリカン「フォーク・ロック」のBGMが流れるというロマンティックな雰囲気が有りました。
その後、残念ながら「丘」は休業してしまいました。


直線上に配置