3月23日   「いちご白書」をもう一度  1975年  (昭和50年)       松任谷由美
直線上に配置

いつか君と行った映画がまた来る  授業を抜け出して二人出かけた
悲しい場面では涙ぐんでた  素直な横顔が今も恋しい

雨に破れかけた街角のポスターに  過ぎ去った昔が鮮やかによみがえる
君も見るだろうか「いちご白書」を  二人だけのメモリ どこかでもう一度

僕はぶしょう髭と髪をのばして  学生集会へも時々出かけた
就職が決まって髪を切ってきた時  もう若くないさと君に言い訳したね
君も見るだろうか「いちご白書」を  二人だけのメモリ どこかでもう一度

作詞作曲   荒井由実 


ユーミン(荒井由美)が、アメリカの学生運動を描いた映画「いちご白書」を題材に描いた叙情的なフォークソングです。
1975年「バンバン」の歌で大ヒットとなりました。

当時のバンバンは、文化放送の「セイヤング」を中心に、ラジオのDJとして活躍していましたが、当時は深夜放送とフォークソングは密接な繋がりがありました。
「就職が決まって 髪を切ってきた時」…最近は、あまりこのような話は聞きませんが、 長髪の学生が多かったのもフォーク時代の特徴だったのです。


直線上に配置