4月7日      鉄腕アトム   1963年  (昭和38年)  
直線上に配置


2003年4月7日、科学省長官・天馬博士は、交通事故で死んだひとり息子・飛雄(トビオ)にそっくりのロボットを、科学省の総力を結集して作りあげた。
天馬博士はそのロボットを息子のように愛したが、やがて成長しないことに腹を立て、そのロボットをロボットサーカスに売り飛ばしてしまう。

身勝手な人間たち。そして、ロボットの悲しみ。
優しいお茶の水博士に引き取られた後も、ロボットは何度も悩み、立ち止まる。

理想のロボット・アトムは「人間」を映し出す鏡だった。
手塚治虫は言った。「相いれない機械と人間。アトムはその仲介役なのだ」と。

アトムの誕生物語で、アトムがロボットサーカスへ売られるくだりが「ピノキオ」からの引用であると知ったのはずいぶん後になってからである。

おそらくそのあたりで暗にアトムの人間へのあこがれを表していたのだろう。
しかし、それでも当時の私にそれを理解することは困難だった。

そう、当時の私にとってロボットは「優れた存在」であり、人間は「ロボットより劣るもの」だったのだ。
アトム誕生のエピソードだって、弱々しく下らない人間・トビオが消え、万能の優等生たるアトムが取って代わったとしか理解しなかった。

それでも物語世界に引きずり込まれ、夢中になって読んだのは、作者が天才・手塚治虫だったからか。

50年という時を経てもなお我々の心をとらえ続ける「鉄腕アトム」は、数ある手塚作品の中で、いや日本のアニメ史の中での最高傑作であった。

1951年〜1968年雑誌少年に連載。1963年フジテレビ系にてアニメ(モノクロ)放映開始。
1965年日本テレビ系にてカラーアニメ化。2003年4月、3度目のアニメ化。

直線上に配置