4月12日     真実の口   (Bocca della Verita)
直線上に配置                                


サンタ・マリア・コスメディン教会は、石の彫刻「真実の口」があることで知られる教会だ。
この真実の口は、映画「ローマの休日」で、いちやく有名になった場所。

手を口に入れると、偽りの心がある者は、手を噛み切られるという伝説がある。
教会の前には「正直者」の証の写真を撮る観光客で、いつも長い行列ができている。


刻まれている図柄は、海神オケアノス(Oceanus)の顔とされている。
英語の「海 ocean (オーシャン)」は、このオケアノスの名に由来する。

謀略や不義を嫌う神であったことから、この伝説が生まれたようだ。

この石の彫刻は、古代ローマのマンホールの蓋に使われていたという。
両目、鼻、口に穴が開いてるのは、そこから雨水などを下水道に流すため。


古代ローマを代表する建造物のひとつが水道橋(Roman Aqueduct)である。
水道橋は、山中の水源から遠隔の都市へ水を引くために造られたもの。

コンクリート製の水道管を連ねた橋で、最も長いもので140qの長さがあった。
ローマ市内は上下水道が完備され、トレビの泉などに大量の水を供給していたのだ。

市内いたるところにあった公共トイレも水洗式で、汚物は下水道に流されていた。
またコロッセオの闘技場に水を満たして、模擬海戦を市民たちに披露していたという。

これらは古代ローマ人が享受していた水の豊かさを物語っているのである。


ポン・デュ・ガール水道橋(Pont du Gard Roman Aqueduct)

フランス南部・ガール県のガルドン川に架かる水道橋。
紀元前19年、ローマ皇帝オクタヴィアヌスの時代に建造。1985年、世界遺産登録。

直線上に配置