7月31日    ピサの斜塔   (Leaning Tower of Pisa)
直線上に配置                        


ピサの斜塔から重さの違う二つの鉄球を落としたら、ほぼ同時に落ちたという実験がある。

ガリレオは、七階のバルコニーからひとつの鉄球と、その10倍の重さの鉄球を同時に落とした。
斜塔の前では、多くの群衆が見守っていて、彼らは重い鉄球のほうが、先に落ちると予想していた。

17世紀の当時は、アリストテレスの「重い物体ほど速く落下する」という説が信じられていた。
だが、二つの鉄球は、ほとんど同時に地面に落ち、音もひとつしか聞こえなかったのだ。

この実験は、アリストテレスの説をくつがえした実験として、語り継がれることになった。

当時26歳、ピサ大学の講師だったガリレオは、自らの信ずることを、人を集めて証明してみせた。
物体落下の実験の場を、大衆の前に求めるなど、ショー・マン的な才能も備えていたのである。

だが彼は1633年、宗教裁判にかけられ、地動説の放棄を命じられる。
一人の科学者の大発見も、当時のローマ教会の世界観を変えることはできなかったのだ。

時はくだって1992年、ピサの斜塔の頂上で、ローマ法王がガリレオに、公の謝罪を行っている。


ピサの斜塔は、1372年、イタリアのピサ市にあるピサ礼拝堂の鐘楼として建設された。
大理石によるロマネスク建築で、高さは地上55メートル、階段は296段ある。

建設当時は、まっすぐに建っていたのだが、地盤が緩かったため、その後傾いてしまった。
だがその傾斜が、かえって観光価値を高め、多くの観光客が訪れるメジャー・スポットになった。

これ以上倒れないように、補強工事が施されたが、いずれは倒壊するといわれている。
また定刻に鳴る鐘の音は、傾斜に影響する恐れがあるため、スピーカーから流されている。

(Piazza del Duomo, 56126 Pisa PI, Italy)

直線上に配置