8月1日  世界の七不思議 (4) マヤ遺跡 (チチェン・イッツァ)   春夏秋冬
直線上に配置


チチェン・イッツァ(Chichen Itza)は、ユカタン半島にあるマヤ文化の都市遺跡。
巨大なピラミッド「エル・カスティーリョ」(El Castillo)や天文台など、当時の高度な知識と技術を物語る遺跡が多く現存している。

チチェン・イッツァに都市が築かれたのは、7世紀ごろのこと。
最盛期には、3万5千人もの人々が暮らしていたといいます。

「エル・カスティーリョ」、別名「ククルカン神殿」(Kukulcan)は、底辺四方 55m、高さ 30m。

春分と秋分の日に太陽がピラミッドの階段を照らすと、できた影が、階段を下りてくる白蛇(ククルカン)のように見えるよう設計されています。
神殿の春秋分の影まで計算して一年を測定していたと思われます。

戦士の神殿 (Templp los Guerreros)
神殿の前に、マヤの雨神、「チャクモール像」(Chacmool)があります。
お腹の皿の上に生贄の心臓を載せたと言われています。


古代マヤ人は、数学、天文学が異常に発達していました。
0(ゼロ)という概念を最初に発見したのがマヤ人とも言われています。

建築施工技術も謎ですが、それ以上に設計・計算・測量などが古代にどうやってここまで正確に出来たのか、大きな謎です。

チチェン・イッツァまでの交通 日本から直行便でメキシコシティまで15時間。
国内便でユカタン半島のメリダ(Merida)まで2時間。
メリダから観光バスでチチェン・イッツァまで3時間。
現地のことばは、スペイン語です。