8月6日   バビロンの空中庭園  (Hanging Gardens of Babylon)
直線上に配置


古代メソポタミアで栄えた新バビロニア王国。
その王都であるバビロンには、巨大な空中庭園があった。

この庭園は二代目の王ネブカドネザル2世の時代に建造された。
遠くから見ると、空中に浮いているように見えたといわれる。


なぜ、バビロンの乾燥した土地に庭園を造ろうと思ったのか。
それは、王妃アミティスが、故郷メディアの緑の山々を恋しがったため。

王妃の生まれ育ったメディアの光景を再現するために建造されたという。
庭園は、縦横125mの土台の上に、4層のテラスが積み重なっている。


内側は、ヤシをはじめ、異国からもたらされた樹木が栽培されていた。
最上階に貯水タンクがあり、ユーフラテス川から水をくみ上げていた。

そこから噴水の雨を降らせ、植物に水を与え、美しい緑を保っていた。
その流水が空気を潤し、まさにオアシスといった雰囲気をつくりあげていた。


だが、栄華を誇ったこの王国も、BC538年、ペルシアに滅ぼされてしまった。
バビロンの空中庭園も破壊され、土砂に埋もれてしまった。

空中庭園は、古代七不思議のひとつに数えられ、その存在は長いあいだ伝説として語られていた。
1917年、考古学者コルデヴァイ(Koldewey)による発掘の結果、庭園の基礎部分と見られる遺跡が発見されている。

直線上に配置