8月20日    鞍馬天狗 角兵衛獅子   1951年(昭和26年)      邦画名作選
直線上に配置

幕末、動乱の京都。
近藤勇率いる新撰組は、倒幕派の薩摩に身を寄せる鞍馬天狗をつけ狙っていた。

角兵衛獅子の杉作を救ったことから、新選組に所在を知られてしまう鞍馬天狗。
新選組の襲撃を受けた鞍馬天狗だったが、杉作少年の助けを得て何とか逃げのびる。

だが幕府の密書を奪うために大阪城に侵入した天狗は、城の地下牢に閉じ込められる。
天狗を助けようと城へ忍びこんだ杉作少年ももはや袋のねずみに…。


(鞍馬天狗の恋)この作品では、山田五十鈴演じる礫のお喜代が、誤解から鞍馬天狗を仇とつけ狙う。
だが、天狗に命を救われたことで、次第に天狗に惹かれていく。天狗もまたお喜代を憎からず思うようになる。

やがて近藤勇から果し合いを所望された鞍馬天狗は、お喜代に別れを告げる。泣きすがるお喜代。
「どうか行かないでください。私のために…」「私のため?」

すべてを悟った天狗は「喜代、さらば」と、決然と言う。嵐寛、五十鈴の名ラブシーンである。


  製作  松竹
  監督  大曽根辰夫

  配役 鞍馬天狗 嵐寛寿郎 近藤勇 月形龍之介
  杉作 美空ひばり 小河原進助 原健作
  礫のお喜代 山田五十鈴 黒姫の吉兵衛 川田晴久

直線上に配置