9月12日     竹取物語  (かぐや姫)
直線上に配置

今は昔、竹取の翁(おきな)といふものありけり。

野山にまじりて、竹をとりつつ、萬(よろづ)の事につかひけり。
その竹の中に、光る竹ひとすぢありけり。怪(あや)しがりて寄りて見るに、筒の中光りたり。

それを見れば、三寸ばかりなる人、いと美しうて居たり。
翁 いふやう「われ朝ごと夕ごとに見る、竹の中におはするにて知りぬ、
子になり給(たま)ふべき人なんめり」とて、手にうち入れて家にもてきぬ。

(五人の君達)
「深き志(こころざし)を知らでは、あひ難(がた)しとなむ思ふ」といふ。
翁(おきな)いはく「そもそも、いかやうなる志あらむ人にかあはむと思(おぼ)す」

かぐや姫のいはく「いささかのことなり。人の志 等(ひと)しかんなり。いかでか、中に劣(おと)り勝(まさ)りは知らむ。
五人の中に、ゆかしき物を見せ給(たま)へらむに、御志(おんこころざし)勝(まさ)りたりとて、仕(つか)うまつらむと、
そのおはすらむ人々に申(まを)し給(たま)へ」といふ。

(現代語訳)
昔、竹取の翁(おきな)と呼ばれるじいさんが居ったそうだ。とある日、竹取のじいさんが、山に竹を切りに裏山に出掛けた。
驚いた事に、そこに光り輝く竹をみつけたのである。近寄って、よくよくその竹の切り口を覗くと、そこには三寸ばかりの美しい娘がおった。
じいさんは、その娘を手のひらに載せ、我が家に連れて帰り、育てることにした。

(五人の求婚者たち)
「愛がどのくらい本気かわからなくちゃあ、結婚なんかできなぁい」と、かぐや姫。
竹取のじいさんが言う。「じゃあ、どれくらいマジな人なら結婚してもいいのかい」

すると、かぐや姫。「五人の男の愛は、みな、似たり寄ったり。
だから、私が見たいなあと思うものを見せてくれる人がイチバンということで結婚します。そう皆に言っといて!」

直線上に配置
         
                      (竹取物語)