10月4日     さらばラバウル  1954年(昭和29年)      邦画名作選
直線上に配置                      

太平洋戦争末期、ラバウル駐在の若林大尉は、部下に対して厳しい鬼隊長の名で鳴らしていた。

だが出撃毎に激減してゆく戦友達。部隊の空気は日ごとにすさび、厳格な若林への反感がつのる。
ある日、若林は首尾良く敵機を撃墜し、落下傘で飛び降りた米軍兵を捕虜にするが…。


日本の南方航空基地ラバウルを舞台にした東宝特撮戦記映画。鬼隊長と呼ばれる若林大尉を軸に、
彼と看護婦すみ子のロマンスなどを織り込み、敗色濃い戦地の悲惨さを描いている。

戦争末期、ラバウルをめぐる攻防戦は凄惨を極めていた。次々と航空隊に架せられる使命。
過酷ともいえる出撃命令を物ともせず、基地を飛び立つ戦闘員。そしてまた一人一人戻らぬ戦友。

若林は、捕虜にした米軍兵から「防弾設備がなく、人命無視の設計が零戦の弱点」と指摘される。
衝撃を受けた若林は、戦友の救援に向かうのだが、帰投したときには、彼はすでに息絶えていた。

撤退を余儀なくされ、従軍看護婦を乗せた輸送船が内地へ向かう。だが警報と共に現れた敵二機。
間髪を入れず飛びあがった若林だが、愛機の尾翼がけしとび、若林もまた海中に墜落する。

映画のラストは、戦死した男たちを弔う従軍看護婦たちの合唱「さらばラバウル」で閉じられる。




  製作  東宝
  監督    本多猪四郎   特撮監督  円谷英二

  配役    若林大尉 池部良 片瀬大尉 三国連太郎 伊藤亮 村上冬樹
      小松すみ子 岡田茉莉子 キム 根岸明美 清川二整曹 谷晃
      野口中尉    平田昭彦        道代    中北千枝子        ハイン大尉   ボッブ・ブース 

直線上に配置