10月22日      クマにダンスを教えるには
直線上に配置                      





熊使い(Tame bear)という職業がある。
熊を手なづけて大道芸をさせる人のことだ。


かつて東欧などの街角では、音楽にあわせて
熊が踊る大道芸が行われていた。

ロシアや東欧ではヒグマ、中央アジアでは
ツキノワグマも用いられた。

コグマの時から芸を仕込むことが大切。
幼いうちから育てると、きずなができるからだ。


                 




コグマが、あと足で立ち上がってはしゃぐようになったら、音楽を聞かせてやり、一緒にダンスをすることから始める。

クマが音楽を聞いて立ち上がるようになったら、すかさずほめ、ほうびをやるようにする。
するとクマは音楽が聞こえたら、エサがもらえるんだとわかるようになる。


だが、ほうびは不規則に与えることがポイント。

というのは、立ち上がってダンスをすれば、いつもおいしいものがもらえると、クマが思い込んでしまうからだ。
すると音楽が聞こえても聞こえなくても、ほうびがほしくて、いいかげんにダンスをしてみせるようになりかねない。


あくまでも音楽に合わせて踊るように、粘り強く訓練を重ねることが肝要である。



直線上に配置