12月12日  君の名は   1953年(昭和28年)             邦画名作選
直線上に配置

空襲の夜、数寄屋橋で半年後の再会を約束する真知子と春樹。

しかし約束の夜、真知子は遂に現われなかった。
彼女は無理解な縁談を強いられ、遠く佐渡ヶ島にいたのだった。

それから一年後、二人はようやく再会する。
だが真知子は、明日は人の妻になる身であった。

真実を打ち明けられた春樹は…。


昭和27年、脚本家・菊田一夫によるラジオドラマがNHKで放送され、多大な人気を獲得した。
番組が始まる時間になると、銭湯の女湯から人が消えるといわれるほどであったという。

翌年、松竹で映画化されると、昼間ラジオで聞けなかった男性で映画館は満杯になり大ヒット。
また真知子の纏ったマフラーの巻き方が「真知子巻き」と呼ばれて女性の間で大流行した。






  製作  松竹
  監督  大庭秀雄

  配役 氏家真知子 岸恵子 石川綾 淡島千景         ユミ    北原三枝  
  後宮春樹 佐田啓二 小林トシ子         仁科    日守新一 
  後宮悠起枝 月丘夢路 あさ 野添ひとみ         横山    三井弘次 
  浜口勝則 川喜多雄二 奈美 淡路恵子         野島八郎   三橋達也 
      浜口徳枝 市川春代 加瀬田修造 笠智衆         副島渡    大坂志郎 


直線上に配置

         
                        君いとしき人よ(伊藤久男)

                        
                                  君 名も知らぬ うるわしき人よ    君はしあわせか 
        夜霧の橋に 君待てど    街はただふけて ネオンは悲し 
        ああ 君ありてこそ 楽しきに     
             
      君 われを捨て 去りにし人よ    君はしあわせか 
        落ち葉の路に 見る君の    ぬれたまつ毛に 涙はにじむ 
        ああ 君ありてこそ 楽しきに     
             
      君 はるかなる いとしき人よ    君はしあわせか 
        春花咲けば 心ときめき    街に風吹けば あの日を想う 
        ああ 君ありてこそ 楽しきに     
             
        作詞:菊田一夫  作曲:古関裕而