ゲルマン民族の大移動   歴史年表          ヨーロッパ史
直線上に配置              

ゲルマン人の移動とローマ帝国の分裂

ゲルマン民族は、いまのドイツやフランス、イギリスやオランダなどの国々をつくった人々です。

ゲルマン民族は、はじめ東ヨーロッパに住んでいましたが、ケルト人(Celts 西ヨーロッパの先住民族)を圧迫しながら西へ広がり、ライン川やドナウ川の周辺に住みついて、いくつかの部族ごとに牧畜や農業をしてくらしていました。

ローマ帝国がおとろえた4世紀後半、北アジア遊牧騎馬民族のフン族(Huns)がヨーロッパに侵入し、ゲルマン人の住む東ヨーロッパに定住しました。

居住地を追われたゲルマン人の一部族がローマ帝国内への移住を開始し、これにつられて、ほかのゲルマン民族も故郷をすて、家族ぐるみでローマ帝国内へ大移動しました。
これらゲルマン民族の侵入によって、ローマを首都とする西ローマ帝国は大混乱におちいり、476年西ローマ帝国は滅亡してしまいます。

西ローマ帝国が滅んだあとも、東ローマ帝国(ビザンツ帝国)は、およそ1000年間つづきました。
とくに、6世紀のユスティニアヌス帝(Justinian I)は、北アフリカやイタリアにあったゲルマン人の国を滅ぼし、ふたたび地中海を東ローマ帝国の支配下にとりもどしました。

首都コンスタンティノープルに巨大なハギア・ソフィア大聖堂(Hagia Sophia)を建て、「ローマ法大全」をつくるなど、帝国の黄金時代をきずきました。
その後、イスラム教徒の進出でエジプトやシリアを失い、帝国の領土は、小アジアとバルカン半島だけになりました。

11世紀になると、バルカン半島にはスラヴ民族(Slavs 黒海周辺の先住民族)がうつり住み、また、小アジアにはセルジュク・トルコ(Seljuq dynasty イスラム系のトルコ民族)が侵入しました。
さらに13世紀初め、第4回十字軍がコンスタンティノーブルを攻撃して支配しました。

その後、東ローマ帝国はコンスタンティノ−プルをとりもどしましたが、帝国のおとろえをくいとめることはできず、1453年、オスマン帝国(Ottoman Empire)によって滅ぼされました。



パンとサーカス(Bread and Circuses)

ローマの豊かさを示す言葉に「パンとサーカス」があります。

ローマの市民は「パン」(食糧)が、無料で配布されたため、あくせくと働くことから解放されました。

国防を担っていたローマ市民は、戦争での怪我や戦死が避けられず、彼らに対する国家としての保障という側面もあったのです。

食料に困らなくなった民が次に求めたのは「サーカス」(娯楽)でありました。
その欲望に応えるため、帝国内の至るところにコロセウム(闘技場)が建造され、民衆たちは剣闘士たちのアクションに熱狂しました。

一方、貴族の宴会と言えば、ぜいたくを極めた料理を、夕方早くから夜中まで延々と食べ続け、さらに食べるために「吐く」ということが普通に行われ、吐くことが健康に良いとまでされていました。

さらには、食べカスを床に撒き散らすことは、豊かさの象徴とまで言われていたのです。
「人類が最も幸福だった時代」とまで称せられるのが、この時代なのです。


ローマ帝国の崩壊

ではなぜ、最も豊かだったローマが、衰退の道を転がり落ちていったのでしょうか?

その衰退の一因には、「領土拡大」政策の限界があります。
ローマ帝国が富の拠り所としたのは、次々に獲得していく「属州」でありました。

属州からは、奴隷や税、穀物などがローマ帝国に送られました。
属州民は、収穫の1/3にあたる直接税や、収入の10%にあたる属州税を納めるなど、厳しい収奪を強いられました。

奴隷たちの多くは、農場や鉱山で過酷な肉体労働を強いられました。
また、「剣奴」としてコロセウムで、死ぬまで戦わされた奴隷たちもいました。

皇帝は、収奪した財力で都市を飾り立て、市民には食事や浴場などの快適な都市生活が保証されました。
「ローマの平和」とはこのように、属州民と奴隷の犠牲のうえになりたっていたのです。

しかし、属州を獲得し続けることには明らかな限界がありました。
富の源泉を「領土拡大」に求めたことは、拡大をやめれば豊かさを維持できないということでもありました。

当時の広大な「国境線」を守るための維持費と軍事費は、いつの間にか国家予算の半分を占めるようになっていました。
折しも、国外からの異民族(ゲルマン人)の侵入が起こりました。

その結果、財政は困窮から破綻へ向かい、ローマ帝国は崩壊への道を歩み始めることになります。


         
          






ユスティニアヌスとテオドラ

テオドラは、サーカスの熊使いの娘で、自身も踊り子だった。
皇帝になる一歩手前だったユスティニアヌスは、テオドラに一目惚れ。

元老院議員と踊り子の結婚を禁止する法律を変えてまで、結婚。
ユスティニアスと結婚後、妃テオドラは、公私ともに夫を支えた。

皇帝は、古代ローマ帝国の栄光を取り戻そうと、領土の拡大に励む。
だが、戦費がローマ市民への負担となり、民衆の不満が積もっていった。

532年、戦車競技場で、市民の大暴動が起こった。ニカの乱である。
事態を収拾できなくなったユスティニアヌスは、亡命を決意する。

テオドラは「逃亡するより名誉ある死を」と、皇帝を叱咤激励した。

この言葉に、ユスティニアヌスは踏みとどまることを決意する。
そして3万人とも言われる犠牲者を出しながら、反乱を鎮圧した。

                                (プロコピオス「戦史」)