マラトンの戦い (Battle of Marathon)       歴史年表      ヨーロッパ史
直線上に配置                                

ペルシア戦争

アテネで民主政治が進展していた頃、ギリシア人の活動圏は、エーゲ海東部のイオニア(小アジア)西岸にまで広まっていました。

その地域は、当時アケメネス朝ペルシアによって制圧されていましたが、ギリシアも商業都市ミレトスを建設して、貿易などを行っていました。

このミレトスを中心とした諸都市が、BC500年、ベルシア王ダレイオス1世(Darius I)の専制支配に対して反乱を起こします。
それをギリシアのポリス連合が支援したことで、「ベルシア戦争」が勃発しました。

アテネはミレトスを支援するため、20隻の軍艦を派遣。ところが、ペルシア軍の反撃にあって、あっけなく敗走。
ペルシア軍は、その勢いのままアテネへ軍を送り込み、ギリシア全域の制圧をもくろみます。


マラトンの戦い

ペルシア軍の第一回遠征は、BC492年のことでした。
ペルシア軍はギリシアに迫りましたが、暴風のため、主要な軍艦が大破。目的を果せず、引き返しました。

そこで、2年後のBC490年、再び、ベルシアは3~4万の軍隊を送り込みます。
そして、上陸したのが、海沿いの平野であるマラトンの地でありました。

この地で、アテネは、約1方の軍隊で、ペルシア軍を迎え撃ちました。
アテネ軍は、人数的には不利でしたが、重装歩兵が頑丈な防具で守りを固め、ベルシア軍の矢による攻撃をものともせずに進軍。



とくに、大きな効果を発揮したのが、相手を蹴散らしながら進んだ重装歩兵がベルシア軍の背後を衝くという作戦でした。

大混乱に陥ったベルシア軍は、退路をふさがれたという恐怖心から、いったん船へ逃げ戻り、アテネ市へ向かいました。
しかし、アテネ軍が陸路をとってただちに市へ戻ったことを知り、攻撃をあきらめて自国へ引返しました。

ペルシア軍が6400人の兵士を失ったのに対し、ギリシア側の死者はわずか190人だったといわれています。
こうしてベルシアのギリシア侵攻計画は、マラトンの戦いによって挫折しました。

これが「マラソン競技」を生んだ「マラトンの戦い」であり、元祖「マラソン・ランナー」は、その勝利の知らせをアテネへと伝えたのです。




ペルシア戦争(BC500-BC479年)

BC500年 ミレトスのギリシア人都市の反乱勃発
BC498年 ギリシア軍が、小アジアのエフェソス(Ephesus)でペルシア軍に敗北

BC492年 ペルシア軍の第1回ギリシア遠征軍進発(ペルシア戦争第1期)
     しかし、暴風のため、主要な軍艦が大破したため中断

BC490年 マラトンの戦いでギリシア軍勝利(ペルシア戦争第2期)
BC480年 サラミスの海戦でギリシア軍勝利(ペルシア戦争第3期)

BC479年 プラタイアの戦い(Battle of Plataea)でギリシア軍勝利、ペルシア戦争終結


       
                          






ペルセポリスのダレイオス1世 


ペルセポリスは「ペルシア人の都」というギリシア語が語源である。

宮殿では、神と同一視されたペルシア王が玉座に座し、新年が祝われるなどペルシアの宗教都市だった。

ダレイオス1世のとき、ペルシアはエーゲ海からインダス川までの領土を支配し、全盛期を迎えた。

BC500年、ダレイオス1世はギリシア遠征を行い、アテネを中心とするポリス連合と戦った。(ペルシア戦争) 

しかしこの戦争は失敗。そのため国力が低下していき、BC330年、アレクサンドロス大王に滅ぼされてしまった。

(King Darius I and Persepolis by Ruggero Giovannini)