瘋癲 (ふうてん) 老人日記     1962年 (昭和37年)       邦画名作選
直線上に配置

七十七歳の督助は、軽い脳溢血で寝たり起きたりの生活を送っている。

しかし性欲だけは旺盛で、督助の関心は、もっぱら息子の美しい嫁・颯子に向けられる。
颯子も、そんな督助の欲望を察し、浴室のドアを開けて督助を誘惑する。

二人だけの秘密の時間は、やがて倒錯した愛の姿へと変化していくのだった…。


谷崎潤一郎の小説を原作とした木村恵吾監督作品。脳溢血で死期を悟った老人の性への執着を描く。

「女は二度生まれる」以来の若尾文子と山村聡のコンビであるが、山村の怪演と小悪魔的な若尾の
コミカルな掛け合いのなかで、ますます磨きがかかってきたといえる。

「東京物語」(小津安二郎監督)で母子役だった東山千栄子と山村聡がここでは夫婦を演じている。
改めて山村の幅広い演技力を感じさせる一作となっている。


 
  製作  大映
 監督  木村恵吾

  配役 督助老人 山村聡         颯子    若尾文子 
  妻はま 東山千栄子         浄吉    川崎敬三 

直線上に配置