ののとゆかいな仲間達 (その228)         Top Page

2009年04月01日  
ヒット曲の条件

いよいよ運命の3時!!
画面には初披露までのカウントダウンが始まり、娘。ファンのボルテージは急上昇!!

そして娘。8人が新宿アルタ前マルチビジョンに登場。
ファンみんな画面に釘付けのまま、念願の3rdシングルPV初公開!!

ファンの興奮は凄まじいまでの盛り上がりを見せ、大成功のうちにイベントは終了するかに見えたが・・・。
その直後、みんな後方を振り向き、今にも娘。が出て来ると思い込んだのか大混乱に!!

あやうくパニック寸前になるのを食い止めたのは、なんと丸坊主のオッサン、いや和田マネージャーでした。
そして和田マネの指示で「皆さん、ゆっくり前の方から座ってください」

和田マネの青々とした坊主頭が効いたのか?みんな大人しく座って行くではありませんか。
そしてとうとう娘。(なちまり)が登場。こうして無事イベントは終了しました。

>和田マネ
こんどばかりはグッドジョブ!! 迫力満点のスキンヘッドでしたね^ ^。



asayan980906.wmv


--------------------------------------------------------------------------

オーラの泉で「ヒット曲がほしい」と、冗談めかしで語っていた安倍なつみ。
日頃「歌えるだけで幸せ」と言いながら、つい本音をポロリとのぞかせてしまった。

娘。時代、わずか3枚目のシングルで初登場1位を獲得。その喜びと感動は例えようもない程だった。
歌手として芸能界デビューした人間で、オリコン1位に輝いて嬉しくない者はいないだろう。

しかし、そこに到達したくてもそう簡単に到達できるものでもない。まずは良曲に加えメディアへの露出が必須。
実際、3rdシングル「抱いてHOLD ON ME !」のプロモーション活動は画期的だった。

曲の全貌がまったく明らかにされないまま「初披露イベント」を全国展開。
新曲のPVが映し出される各地の街頭マルチビジョン前には多数のファンが殺到した。

東京のイベントではパニックが発生。あやうく中止になりかけたが、最終的にはすべての場所で大成功を収めた。
売れ行きはプロモーションとの兼ね合いが大きく、現在の事務所の営業力からするとなかなかヒットに繋がらないかも知れない。

その意味で江原啓之氏の「ヒット曲がほしいのなら、自分で作りなさい」というアドバイスは説得力がある。
ハードルは相当高いが、なっちが自分で作詞作曲したのならそれだけで話題性を呼ぶこと間違いなしだろう。

そういえば彼女の歌もここ2、3年ぐらいでかなり洗練された雰囲気に様変わりして安心して聴けるようになった。
やはりクリエイティブな人たちとの出会いの日々が、なっち自身の成長の糧となっているのかも知れない。

まずは自身の出来る事から着実に、焦らずにやっていけばきっといい結果に繋がって来るのではないだろうか。
また一時のヒットでなく、長く人の心に残るような作品を手掛けて欲しいなと思う。そして彼女にはそれができると信じている。









2009年04月01日  
おつかれいな (マイメロ終了!)

サングラスで変装したつもりがばればれで、駅から目立って歩いてた田中れいなちゃん。
でも渋谷という街は、アイドルや芸能人が歩いていても別に不思議ではない場所。

知らん顔の都会っ子の街というより、見慣れているせいか誰も何も言わないのかも知れません。
見つけたら思いっきり騒いでしまいそうな私こそ、やはり田舎者なのでしょう。汗

田中れいなちゃんも福岡から上京してきたときはやはり何かと辛い目に遭ったとのこと。
電車は人が多くて最悪だし、小さいから埋もれて息ができないくらいだった。

駅の改札を出てもすごい人ごみで、うまく人の流れに乗れなくて知らない人とぶつかったりしてた。
東京の家を自宅だと思えるようになるまで2〜3年かかったようです。(FIVE STARS 2009/01/28)

もともとヤンキーちっくなれいなちゃん。慣れてみると都会の賑やかで活気にあふれた生活もまんざらではないようで。
オフの日に、サングラス&上げ底靴の出で立ちで、渋谷や原宿など人の多い繁華街を自由に出歩けるようになったとか。

そんなれいなちゃんですが、今年はいよいよデビュー6周年ですね。
同期に加入した亀井絵里ちゃんと道重さゆみちゃん。仲良しなのか、ライバルなのかはわかりませんが。

これまで誰も欠けることなくモーニング娘。の中心メンバーにまで立派に成長しましたね。
ここまで成長していく姿を見届けられたことをとても嬉しく思っています。

そしてこれからも娘。の中心として娘。をもっと魅力的な素晴らしい集団にしていってください。
大変な事もあると思いますが3人で手を取り、励まし合い乗り越えて行ってほしいなと思います。



maimero080427.wmv


2009年04月05日  
ジュエルペット

主人公「紅玉りんこ」は、一見おっとりしていて内気な中学2年生。
でも、いつかきっと白馬の王子様が現れると夢見るごくごくフツーの女の子です。

そんな彼女の運命は、人間の言葉を話す白うさぎ「ルビー」と出会った時から、ガラリと一変してしまいます。

宝石の国から来たというルビーによれば「りんこ」はパートナーとして選ばれた人間とのこと。
なんと彼女の使命は、宝石になった仲間(ジュエルペットたち)を探し出すことだそうです。

突然のことで訳の判らない「りんこ」でしたが、ルビーの魔法(笑)によって勇気を与えられます。
勇気をもらってルンルン気分の彼女は、ルビーとともにジュエルペットたちを探す決心をします。

でもその後、ルビーが実は「魔法試験0点」の成績だと知った「りんこ」はビックリ仰天!! 
頼りないルビーとともに、果たして無事にジュエルペットたちを探し出すことが出来るのでしょうか!?


亀井絵里ちゃんがヒロイン役の声優を務めるアニメ「ジュエルペット」がいよいよ始まりましたね。
亀ちゃんはなかなかの演技だったような気がします。多少ぎこちなさはあったかも知れませんが頑張ってました。

なぜかりんこちゃんに声がぴったり合ってましたよね。やはりキャラが被ってるせいでしょうか。
亀ちゃんのぬっくりぬくぬくとしたキュートな声がベストマッチだったと思います。

新年の抱負で「20歳になった今年はマジだぞっていうところを見せていきたい」と語っていた亀ちゃん。
ふだんはテキトー&ヘタレキャラの彼女ですが、素顔は「今に見てろ〜」と努力する頑張り屋さん。

「不器用だからこそ人一倍努力する!」という姿勢はなかなか立派ですよね。
何事も「亀の歩み」でこつこつ積み上げることが大切。
それが物事を究められるかどうかの差につながっているように思います。

平野あやさんなど素晴らしい声優さん達と共演できた事も亀ちゃんにとっては大きな芸の財産になりますね。
声優デビューという新たな一歩を踏み出した亀ちゃん。
この経験を生かして、色々な新しい可能性にも挑戦していってほしいなと思います。

アニメ「ジュエルペット」 毎週日曜09:00〜10:00 TV東京系で放映中



JP090405.wmv




2009年04月17日  
金スマ

辻ちゃんにまたまた「整形疑惑」が浮上してるようで。。。

天下の辻希美に整形したかどうか質問したヤツも大胆といえば大胆ですが、
対してブログで堂々と回答する辻ちゃんも相当「太っ腹」のようですww

しかし整形だからって何が悪いのでしょうか?
見られるのが仕事ですし、手を加えて更に「魅せる」こともプロの自己管理のひとつでは?

芸能事務所にとっても、アイドルやタレントは大切な商品。
メイクアップアーティスト以外に通称「美容部」という専門のセクションがあるそうで、
やはり、その道のプロが腕を振るって最高の出来にしているのでしょう。


・・・ところで、中居クンがMCをやってる「金スマ」に辻ちゃんが出演してましたね。

番組の中で自慢の手料理を披露してましたが、辻ちゃんの手際の良さにはびっくりしました。
まるで彼女のブログの内容が、そのままスタジオで公開されたような感じでしたね。

番組が放映された当日のブログには、なんと6,000件以上の応援コメントが殺到しました。
辻ちゃんの活躍をテレビで見ていたミニモニ世代の女の子が大多数のようです。

12歳で芸能界デビュー、そして身長150cm以下のアイドルユニット「ミニモニ。」で大活躍。
チビっ子たちの人気を獲得し、一躍、国民的アイドルへの道を駆け上がっていった辻ちゃん。

そのチビっ子たちも、すでに高校生、大学生。彼女たちにとって、辻ちゃんは今でも憧れのアイドル。
辻ちゃんの結婚生活、料理、子育て、ファッション、スタイル、すべてをお手本にしているのでしょう。

一方、国民的アイドルという栄光の裏で、あんなにも悩み傷つきストレスに耐え続けていた辻ちゃん。
番組を見て正直驚いたのと同時に、良く頑張ったねと言う気持ちで涙が止まりませんでした。

つねに努力を惜しまず一生懸命であろうとする姿勢、そしてついに愛する人との幸せを手に入れた辻ちゃん。、
そんな辻ちゃんの生き方は、女性としての幸せ方面で、ファンに大きな希望を与え続けることと思います。

ぜひ育児に家事に、彼女たちの手本となれるよう、しっかりと幸せな家庭を築き上げてください。
そしてこれからも、みんなのアイドル辻希美として、末永く輝き続けていって欲しいなと思います。



non090417ksma.wmv









                 











先頭へ戻る