ののとゆかいな仲間達 (その228)         Top Page

2009年04月23日 美女放談

その昔、日曜の朝8時半に「時事放談」という政治討論番組が放映されていました。
細川隆元という辛口頑固ジイさんが好き勝手なことをしゃべる番組で、まさにじじい放談、言いたい放題でした。

なんでもこの細川ジイさん、肥後細川家の末裔とかで、世が世なら沢山の家臣や家来に「殿!」なんて呼ばれる身分なんだとか。
そのせいか上から目線の過激発言がウリで、討論相手でやはり毒舌で知られた藤原弘達とともに根強い人気があったようです。

「美女放談」というあやかりタイトルは、おそらくアップフロントの役員さンに番組を好んで観ていた方がおられるのでしょう。
最初のゲストに細川一族のファーストレディを招待したことも、事務所の並々ならぬ「入れ込み度」が感じられました。


さて、そんなわけで第一回目のゲストは「細川佳代子」さん。細川元首相の奥様です。
娘。リーダー高橋愛が人生の先輩である細川夫人と人生相談のような感じで対談するという内容でした。

ハッキリ言って愛ちゃんは、目上の人に対する敬語や言葉使いがハチャめちゃで見ていてハラハラしました。
「なんか入ったばっかの頃が・・・」とか「w全然ダメじゃん」とかギャル語全開w

でも普段使ってないせいでボロが出たというような、そんな愛すべき失敗がかえって細川夫人に好印象を与えたようです。
対談を終えて「純粋で素直な彼女がどんな風に成長して行くか凄く楽しみです」というお言葉(社交辞令?)をいただきました。

細川夫人はとても魅力的な方ですね。相手の考えを察知して自身の本音を打ち明けることで相手の心を開いていく。
話を聞いてるとそれだけでやさしさに癒されるというか、愛ちゃんも思わず目を潤ませていました。

ゲストの話を聞くというよりも、自分の悩みを打ち明けてアドバイスをもらうという感じで、
対談と言うよりは先生に教えを請う生徒みたいでしたが、真剣さが伝わってきてなかなか好印象でした。

元首相夫人とか民主党幹事長夫人とか、おそらく一生接点を持つことができない第一線の方たちと対談することができる。
短い対談番組ですが、出演するメンバーにとってはとてもとても貴重な体験になるのではないでしょうか。




ai090409bijo02.wmv




2009年04月25日  
3分間でわかる 「上戸 彩」

SMAPの草なぎクンは、ホントひどい目に遭ってしまいましたね。

今回の事件は、おそらくその道のプロの仕事だと思われます。
悔しいでしょうが、事故だと思ってめげずにがんばってほしいなと思います。

でも日本全国に草なぎクンの名前が知れ渡ったコト、ものすごい宣伝効果になりましたね。
大切なコトは、災難をバネに自身の役者人生をプラスの方向に持って行くことです。

叩かれて叩かれてイメージダウンした今こそが飛躍のチャンスと言えるでしょう。
むしろ新たなキャラ作りに挑戦できるよいキッカケとなったのではないでしょうか。

ファンとしては、たまには「ちょい悪」の草なぎクンも観てみたいなと思ったりします。
そのほうが「いい人」の一面しか演じられなかった二枚目よりはずっと魅力的ですよねw


・・・さて、上戸彩ちゃんがヒロイン役のドラマ「婚カツ!」はじまりましたね。
第1話を観ました。テンポが軽快で、見ていて心が和む素敵なストーリーでした。

主役の中居クンがトンカツ店の一人息子。彩ちゃんがアルバイト店員という設定のようです。
ドラマの結末はこの2人がめでたくゴールインするのでしょうか?

楽しみなところですが、なにしろ主演がライバル同士のジャニーズとオスカーのコンビ。
それぞれのファンの顔色などをうかがいながら、結末に向けてドラマを進めていくのかも知れません。

そんな彩ちゃんですが、今年はいよいよデビュー10周年ですね。
ドラマ「3年B組 金八先生」に出ていて、その頃から注目していました。

今では様々なCMやドラマに多数出演している彩ちゃん。あっというまに売れっ子になってしまいました。
テレビで見かけない日はないというくらい多忙な毎日をすごしているのでしょうね。

彩ちゃんの魅力といえば、天性の明るさと親しみやすさ、そして何といってもあの「たらこ唇」でしょう。
あのボテッとした魅力的な唇に癒され、引き寄せられたファンは数知れず。

ドラマ「婚カツ!」では、百年に一度とも言われる大不況の世の中が舞台設定となっていました。
でも彼女の「たらこ唇」があるかぎり、日本の未来は限りなく明るいと言えるのではないでしょうか。



utaban020829.wmv









                 











先頭へ戻る