小説モーニング娘。 第十六章 「Do it! Now」    

あさみ「ねえねえ、見てごらん!”初めてのハッピーバースディ!”がオリコンで4位に入ったよ!」
梨華 「う〜ん、まだ実感ないなあ」
りんね「梨華ちゃんの力強い助っ人パワーのおかげだね」
梨華 「今までにできないことを経験できるのはすっごく楽しいね」
りんね「ずっと牧場仕事をやりながら歌ってきたけど、やっと日の目を見たって感じ。」
あさみ「今の気持ちとってもハッピー。まだまだ歌い足りなくてずっと、ずっと歌っていたい」
梨華 「そう、これからもポジティプに、パワー全開で、がんばってぇーいきまーっ」
りんね、あさみ「しょーいっ!」

「カントリー娘。」は1999年、北海道の牧場を拠点に結成されたアイドルユニットである。
2001年1月、メジャーデビューに向けて新メンバーを募集したが、該当者が見つからず、モーニング娘。の石川梨華が助っ人として加入した。

事務所に呼び出され「カントリー娘。」へのレンタル移籍を告げられた石川梨華は、ショックのあまり泣き出したという。完全移籍だと勘違いしたのだ。
そんな波乱含みでスタートした「カントリー娘。」に石川梨華(モーニング娘。)であったが、2001年4月18日、「初めてのハッピーバースディ!」で念願のメジャーデビューを果たした。

モーニング娘。に4期メンバーとして加入した石川梨華はその特異な声質と抜群の可愛さで将来の娘。リーダーを期待される大型新人である。
しかし、オーディション時に彼女に足りなかったのは、その歌唱力であった。
ロックボーカリストオーディションゆえ、「声が出ていない」ことは致命的なマイナスとなる。

ただつんくは引っ掛かった。そこまでのオーディションの中でなかったものが石川にはあった。
歌唱技術は努力と鍛錬により上達するが、声質を変えることはできない。
彼は石川の声質の中に将来大きく開花するであろう潜在的な可能性を予感したのである。

果たして2001年7月25日、石川梨華はモーニング娘。12thシングル「ザ☆ピ〜ス!」でセンターポジションを獲得するのである。