道重さゆみ 聖誕17周年記念 妄想(笑)小説


どぉ〜ん! どぉ〜ん! 夏休み最後の花火大会。

赤・・・青・・・黄・・・藍色の空いっぱいに、次々と大輪の花が咲きほこる。

今日のしげさんは、淡いピンク地に花模様の描かれた浴衣を着ていた。

「ねえ、どうかなぁ・・・似合ってる?」 彼女は袖の端を持って見せる。

正直に言って、なんだか、すごく可愛く見えた。上げた髪に、うなじに残った髪。
いつもは下ろした髪を上げただけ・・・なのに、とても可愛く思える。

「うん・・・。いいんじゃないかな・・・」
「ホント?」
「あぁ」

彼女のはにかんだ顔が、ますます可愛らしい。なんだかこっちも、気恥ずかしくなる。

「花火って・・・うらやましいなあ・・・」
「うん? どうしてだい」

「あんな風にキレイに咲けたら良いのに。・・・あたしも、一度でいいから主役でステージに立ってみたいな」

自分は何か言いかけようとしたが、ふと垣間見せた彼女の寂しげな表情に気がついた。

やはりモーニング娘。というトップステージにいながらも、常に脇役の地位に甘んじている自らの立場に、焦りを感じているのだろうか。
いつもは勝気で自己主張の強い彼女から出た、思いがけない弱音だっただけに、かえって言葉につまってしまう。

彼女にかけるべき言葉が見つからないまま、しばらく沈黙が続いてしまった。

「ねぇ」
「うん?」

「・・・あたしと一緒じゃつまらない?」

そう言うと、彼女は、にわかに不安そうな顔つきになって、黙って自分の目を覗き込んできた。

「そ、そんなことはないよ」
「じゃあ・・・手を握って」

普段人前で手をつなぐコトはなかったけれど、その日は彼女から手を伸ばしてくれた。
おそるおそる2人の手が触れて・・・しっかりと握りあう。

照れくささに身体がキュッと縮まるような思いの自分の耳に、彼女の小さくささやく声が届いた。

「このままずっと、さゆみの手を握ってて・・・」