小説モーニング娘。 第四章「抱いて HOLD ON ME!」    

中澤「メジャーデビューやで、メジャーデビュー!」
石黒「1月にとうとうメジャーデビューだね!全国だよ!今の気持ちはどう?」
飯田「もー落ち着かない!!うずうずしてしまって!」
安倍「私を見てーって飛び出していく感じ(笑)」
福田「あちこちで私たちの歌を聞いて欲しいし色んな人に会いたいと思ってます」

「乾杯しようか」「何に乾杯する?」「未来に!」「未来ったって、どうなるか分からないし・・・」
「モーニング娘。に!」「うん!ウチらのモーニング娘。に!!」

全員がグラスを上げて、高らかに叫んだ。ウチらのモーニング娘。に乾杯!5つのグラスが鳴った。

デビュー曲は、最終的に安倍のボーカルで「モーニングコーヒー」に決定。
そして、デビュー・シングルの発売は翌98年1月28日と決まり、師走のスタジオでの4日間にわたるレコーディングが始まった。

そして遂に1998年1月28日、CDショップの店頭に「モーニングコーヒー」のジャケットが並んだ。
注目のオリコン・チャートの結果は、なんと初登場6位!最終的には30万枚を超える大ヒットを記録した。
その余勢を駆って、写真集、さらには主演ドラマまでが決定し、まさに順風満帆のスタートとなった。

1997年4月に始まったロックボーカリストオーディションで惜しくもデビューの栄冠を掴み損ねた彼女たち。
しかし、「5日間で5万枚完売すればメジャーデビュー。」
こんな誰もが無謀だと言わざるを得ないような過酷な条件にも、あえて立ち向かいデビューというこの日を目指して必死に頑張った5人・・・。

その誰よりも長く過ごしたであろう9ヵ月が、彼女たちにオリコン初登場第6位という偉業を成し遂げさせたのである。

モーニング娘。彼女たちのデビューまでの過程はひとつの壮大なドラマとも言える。
今までのアイドルとの決定的な違いは、ファンと共有できる場を彼女たち自身が築き上げてきたことである。

「CD5万枚」の完売は彼女たち自身がファンにPRした成果によるものである。
デビュー曲のメイン・ボーカル争奪戦の一部始終は中継され、5人の涙ぐましい努力の姿はファンの共感を呼んだ。
こうしたデビューに至るまでの彼女たちの歴史は、ファンにとって非常に身近に感じられる存在となり得た。
この親近感が彼女たちへの感情移入を容易にし、今の成功へとつながっていったと言って良いであろう。