1月22日     ネコのしつけ
直線上に配置

「食べる!」「遊ぶ!」「寝る!」理想の生活をしてるネコがうらやましいですね。

子猫は、兄弟姉妹でじゃれあって育ちます。一日中遊んでいます。
そこで、爪を立てたらどれくらい痛いか、咬んだらどれくらい痛いかを、相手からやられやるうちに覚えます。

それを、1ヵ月くらいで兄弟から引き離された子猫は、一生学ぶことができません。

人と暮らすようになってからも、爪を立てたり咬んだら、どれくらい痛いかわからず、人と遊んでいるうちに、大好きな飼い主を傷つけます。

痛さを学ぶと同時に、自分が猫であるという自意識もできてくるようです。
この点では、3ヵ月以上経ってから引き離すのが理想で、せめて2ヵ月くらいは必要だと思います。

(ネコのくせ)
お腹を出して寝る/寝言を言う/いびきをかく
段ボール箱を見ると、大きさに関係なく、とりあえず入ってみる
カーテンのぼり/ふすまを開ける/窓から外をながめる/ため息をつく/家出をする

新聞を読んでいると新聞の上に乗る/ビニール袋をかじる/自分のしっぽを追いかける/食べ過ぎると、所かまわず吐く
人の顔をなめ回す/冬になると布団に潜ってきて人の足の間に顔をつっこんで寝る/ひざの上にのってくる/でんぐり返し

おいしいものを食べたら顔を洗う/お風呂についてくる/お腹をなでてもらう為によく裏返って待っている
こたつの中から顔だけ出して人間のように寝ている/なでられるのは好きでも抱っこは嫌い/掃除機がきらい

直線上に配置