2月23日      イルカにのった少年  1973年  (昭和48年)  
直線上に配置

誰も知らない南の海から イルカにのった少年がやって来た
さみしい時は海にきて   水平線をみてごらん
空と海とのすきまから   イルカにのった少年は
愛の花束胸に抱き       遠い国からやってくる
君に君に 君に会うためやってくる
ホーラごらんよ吹く風も やさしく頬をなでるだろう

悲しい時も海にきて     水平線をみてごらん
風とカモメが遊んでる   イルカにのった少年が
白い波間にみえるだろう 遠い国からやってくる
君に君に 君に会うためにやってくる
ホーラごらんよあの雲も 幸福そうないろしてる
幸福そうないろしてる

作詞  杉さとみ   作曲  林あきら(市川昭介)


1970年代、記憶に残る男性アイドルの代表が「城みちる」でしょう。
「城みちる」と言えば「イルカ」というほどこの人のイメージを印象づけたのがデビュー曲「イルカに乗った少年」
1972年、15歳の時に「スター誕生!」オーディションで合格。
1973年、東芝EMIからデビュー。いきなり、アイドルとして脚光を浴び、甘いマスクで女の子の人気を瞬時に獲得。
その後、通算10枚のシングルを発売しましたが、20歳の時、惜しくも引退、家業の電気屋を継いだとのことです。

直線上に配置