3月2日   頭の体操  (2月16日の解答) 
直線上に配置

<クイズ1の答え>
四個をとりのぞいたとき、その玉をどこかべつのところに集めておき、そこに三個を加えればよい。
「四個をとりのぞき、残った三個に三個を加えて」とはだれも言っていないのです。


<クイズ2の答え> ふたりは、それぞれ違う相手と勝負していたのです。

<クイズ3の答え> 私の母。

<クイズ4の答え> 三つ子(またはそれ以上)のうちふたり。
これは言うまでもなく、三つ子以上が現実にはきわめてまれであるという経験にもとづいた、現実思考の盲点をついた問題です。


さて、いかがでしょうか。あなたは、すぐ解答がおわかりになりましたか。
頭の働きを妨げている第一の敵は、頭の固さです。

私たちは、従来の常識、先入観、社会慣習など、自由な思考の妨げになっているいっさいのものを、
根本から一掃して、思考を徹底的に柔軟化してしまわなければなりません。

うりふたつの子どもがいたからといって、すぐ双子だと思い込んではいけません。
他人の空似ということもあれば、三つ子のうちのふたりということもあるのです。

(頭の体操 第一集 「創造的思考とは何か」より)

直線上に配置