3月31日     くそ食らえ節      1968年 (昭和43年 放送禁止歌)       フォークソング  
直線上に配置

ある日学校の先生が生徒の前で説教した  
テストで百点取らへんと  立派な人にはなれまへん
くそくらえったら死んじまえ くそくらえったら死んじまえ  
この世で一番えらいのは 電子計算機

ある日まじめなお親父さん息子を呼んでこう言った  
仕事のことだけ考えて  毎日セッセと働いて頂戴ヨ
くそくらえったら死んじまえ くそくらえったら死んじまえ  
文句も言わずにセッセと働く機械の部分品

ある日会社の社長はん社員を集めて説教した  
君達わたスを離れては  マンズ生きてはゆけない身の上サ
くそくらえったら死んじまえ くそくらえったら死んじまえ  
金で買われた奴隷だけれど心は俺のもの

ある日政治家シェンシェイが新聞記者に発表した  正義と自由を守るため 戦争をしなくちゃならないと
ウソコクなこの野郎 こきゃがったなこの野郎  おまはんらがもうけるためにワテラを殺すのけ

ある日しわくちゃじいちゃんが 若者呼んでこう言った  天皇陛下は神様じゃ おまえら態度がなっちょらん
ウソコクなこの野郎 こきゃがったなこの野郎  天皇様もトイレに入れば「紙」にたよってる

作詞作曲 岡林信康


岡林信康(おかばやし のぶやす) 1946年滋賀県に牧師の子として生まれる。
1960年代後半の反戦運動、学園闘争の渦中で圧倒的な支持を得「フォークの神様」と呼ばれる。
1968年「山谷ブルース」でデビュー(当初は「くそ食らえ節」の予定だったが、過激な歌詞のため発売中止)
1969年の「わたしを断罪せよ」と1970年の「見る前に跳べ」の2枚のアルバムでその地位を確立した。

直線上に配置

                                    くそ食らえ節(岡林信康)