4月9日   歴史のヒーロー (5) ネルソン・マンデラ       歴史年表     ヨーロッパ史 
直線上に配置

島の南端に立つと、ケープタウンの市街がくっきりと見えた。
ビルがひとつひとつ数えられる。

「近く見えるだろ。しかしあそこまで11キロある」島のガイドは言った。

海流が速く、サメも多い。泳いで渡るのはむりだという。
だが、マンデラは何度も、脱獄を考えたという。

黒人解放闘争の指導者、ネルソン・マンデラは1964年、反逆罪で終身刑の判決を受け、ロベン島の監獄に投獄された。

最初の脱獄話は島に来て5年目の1969年だった。
着任したばかりの白人看守が、彼に脱獄を持ちかけてきたのである。

合いかぎで建物からぬけ出す。海岸に手こぎボートが用意してある。
それでケープタウンに行き、飛行機で国外に出る―。

マンデラは気を動かされるが、仲間は「危ない話だ」と止める。話は立ち消えになった。
あとで、看守が実は秘密警察の人間だったと分かる。わなだったのだ。


ネルソン・マンデラ Nelson Rolihlahla Mandela(1918〜2013)

南ア共和国の黒人政治家。
アフリカ人民族会議(ANC)指導者として白人政府による人種隔離政策(アパルトヘイト)に抵抗、黒人の権利獲得運動を指揮。
1964年、逮捕され終身刑判決を受けたが、1990年釈放。

1994年、初の全人種参加による議会選挙でANCが第一党になり、大統領に選出。340年間にわたる白人少数支配に終止符を打った。
1993年、白人のデ・クラーク大統領(当時)とともにノーベル平和賞受賞。

直線上に配置
   
                 




映画「マンデラの名もなき看守」

物語の舞台は、アパルトヘイト政策下の南アフリカ共和国。

ジェームズ・グレゴリーは南アフリカの刑務官だった。
1968年、彼は刑務所のあるロベン島に赴任する。

任務は、終身刑を受けたマンデラを監視することだった。
最初、彼はマンデラを死刑にすることが当然と考えていた。

だが独房でマンデラという人物に触れ、彼が自由のために払っている犠牲を知る。
グレゴリーは、次第にマンデラに魅了され、彼が目指す平等な社会に憧れていく。





ジェイムズ・グレゴリーの手記「さようなら、バファナ」(Goodbye Bafana) が原作。
バファナとは主人公グレゴリーの幼なじみであった近所の黒人の子どもの名前。

アパルトヘイトのため、26年間に渡って投獄されたマンデラと、看守をつとめた
原作者とその家族を中心とした魂の交流の物語が描かれている。

日本ではなかなか知られていないアパルトヘイトの実情や、当時の流刑地ロベン島
(現在は世界遺産)の実態なども事細かに明かされている。

マンデラの自伝「自由への長い道」を読む前に、ぜひ見ておくべき映画である。


マンデラの名もなき看守 (Goodbye Bafana) 2007年 (米)
監督:ビレ・アウグスト(Bille August) 原作:ジェイムズ・グレゴリー(James Gregory)

出演:デニス・ヘイスバート(Dennis Haysbert) ネルソン・マンデラ   
ジョセフ・ファインズ(Joseph Fiennes) ジェイムズ・グレゴリー