6月2日    頭の体操 (5月17日の解答)
直線上に配置

<クイズ1>
中に人間を入れ、あとから周囲に巨大な大福モチをつくれば可能。
これは、まさに常識破りの発想。
インチキなもうけ話には、これに似たトリックがあることが多いですね。
ムリヤリに都合のいい条件さえ設定すれば、なんでももうけ話になります。
これを、「絵にかいたモチ」といいます。


<クイズ2>
皮膚科のお医者さんだから。
正解できたのでなければ、バカバカしいというなかれです。
発想の落とし穴というのは、山ほどあります。
それに気づくことが発想の第一歩ですから。


<クイズ3>
「外国人がきみを見たら、飢饉の原因はきみだと思うだろうよ」
ウィットのある逆転の発想とは、相手の言ったことばを、ほとんどそのまま用いながら、しかしまったくちがった結論に導くものです。
この問題の場合は、「外国人」「飢饉」というキーワードの入っている答えがベストということになります。

イギリス社交界で口がわるいので知られたアスター夫人がチャーチルに言った。
「チャーチルさん、貴方がわたくしの夫だったら、コーヒーに一服盛りますわ」
するとチャーチル「わたしが貴女の夫だったら、よろこんでそのコーヒーを飲みますよ」


<クイズ4>
そこが森の中心だったから。それ以上進んでも、奥へは行けない。

直線上に配置