7月6日    モンマルトル (Montmartre)     
直線上に配置                  



モンマルトルは、斜面に広がる丘の街。 頂上には白亜のサクレ・クール聖堂がそびえる。

この界隈には、今もユトリロが描いた小さな路地がそのまま残る。


石畳みの道、フドウ畑、そして風車。地図など持たず思いのまま、迷路に迷い込んだように

歩き回れば、画家たちが愛した風景に出会うことができる。




サクレ・クール聖堂(Basilique du Sacré-Cœur)

モンマルトルの丘の頂にそびえる教会堂。テラスからは、パリの街が一望に見渡せる。

メトロ「ABBESSES駅」から徒歩八分だが、結構急な坂道や階段を上る必要がある。
行きは並行して走るケーブルカーで上り、帰りは階段を下りてくるのがおすすめ。



                 





ルイーズ・ミシェル広場(Square Louise Michel)

緑豊かな広場と、市街の眺めや噴水を楽しめる公園。サクレ・クール聖堂につながる階段がある
メリーゴーランドや滑り台などもある。メトロ「ABBESSES駅」から徒歩五分。


ムーラン・ルージュ(Moulin Rouge)

世界的に有名なキャバレー。パリの夜を彩る華麗なナイト・ショーを楽しめる。
メトロ「BLANCHE駅」から徒歩二分。ナイト・ショーは、日本で予約可能。






カフェ・デ・ドゥ・ムーラン(Cafe des Deux Moulins)

大ヒット映画「アメリ 2001」のヒロイン・アメリが働いていたカフェ。
店内には映画のポスターも。クリーム・ブリュレが大人気。メトロ「BLANCHE駅」から徒歩五分。


ル・ルレ・ガスコン(Le Relais Gascon)

オープン・キッチンの開放的なフレンチ・レストラン。野菜をたっぷり使ったヘルシーな料理が楽しめる。
メトロ「ABBESSES駅」から徒歩四分。(住所)6 rue des Abbesses, Montmartre, 75018 Paris 



直線上に配置
   

                            




      アメリ(Le Fabuleux Destin d'Amelie Poulain)2001年(仏)

アメリ(トトゥ)は、モンマルトルのカフェで働く22歳。幼い頃に母親を交通事故で亡くし、
心に傷を抱える彼女は、いつのまにか空想の世界に浸る内向的な女性になっていた。
そんなある日、気になる男性、ニノが現れるが、気持ちを伝えられず右往左往を繰り返す。

パリの下町モンマルトルが舞台。そこに住む貧しいが逞しく生きるパリジャンたち。
引き籠りの画家や売れない小説家、何をして生計を立てているのかよく分からないカフェの常連など。

そんな彼らとの交流を通じて、ヒロインのアメリが次第に成長していく物語になっている。
フランス映画にしては珍しい陽気なファンタジー。世界中で社会現象になった大ヒット作である。

(監督)ジャン=ピエール・ジュネ(Jean-Pierre Jeunet)
(出演)オドレイ・トトゥ(Audrey Tautou)マチュー・カソヴィッツ(Mathieu Kassovitz)