9月17日  誰が為に鐘は鳴る (For Whom the Bell Tolls) 1943年(昭和18年)
直線上に配置


舞台は1937年、内戦下のスペイン北部。

ロベルトは、政府軍に加わったアメリカ人義勇兵である。
彼は、軍の指令で鉄橋を爆破する任務を負っていた。

ゲリラに協力を求めたロベルトはそこで美しい娘マリアに出会う。
やがてロベルトとマリアは恋に落ちるが、爆破の日は刻一刻と迫る…。


原作は、スペイン内戦を題材としたヘミングウェイの同名小説。

ナチスドイツが後押しをする軍部が、スペイン政府に反乱を起こし、内戦が勃発。
イギリスをはじめとする欧米諸国は、この内戦に不干渉の立場をとった。

海外からの支援が望めず、孤立したスペイン政府は、各国から義勇兵を募る。
ヘミングウェイは自ら志願して参戦し、本作はその体験から想を得た作品である。


物語は、内戦を背景に、アメリカ人青年の英雄的な死と灼熱的な恋を描く。
義勇兵のロベルトは、戦略上重要な鉄橋爆破の任務を帯びて山中に赴く。

ロベルトは、志を同じくするゲリラたちと出会い、彼らの悲惨な過去に触れる。
そして自己の使命を再確認した彼は、何一つ恐れることなく死を迎えるのである。

題名は、イギリスの詩人ジョン・ダンの言葉「個人は人類の一部であり、
他の人の弔鐘は、あなたのためにも鳴っているのだ」という意味である。


誰が為に鐘は鳴る(For Whom the Bell Tolls)1943年(米、Paramount)1952年日本公開
監督:サム・ウッド(Sam Wood) 原作:アーネスト・ヘミングウェイ(Ernest Hemingway)

出演:ゲイリー・クーパー(Gary Cooper)ロベルト、イングリッド・バーグマン(Ingrid Bergman)マリア
エイキム・タミロフ(Akim Tamiroff)パブロ、カティーナ・パクシヌー(Katina Paxinou)ピラー

直線上に配置