11月 24 日       東京ラブストーリー  1991年 (平成3年)   
直線上に配置

恋愛の神様と言われる、柴門ふみ原作の大人気コミックのドラマ化。
でも原作よりもドラマの方が有名ですね。

普通のラブストーリーにはない面白さがあります。
赤名リカにはモデルがいるそうですね。

(じゃあこうしよ。「せーの」で一緒に後ろ向くの... )

赤名リカ(鈴木保奈美)は、永尾完治(織田裕二)に出会った瞬間、恋心を抱いた。
一方完治は、幼なじみの関口さとみ(有森也実)を想い続けていた。
しかし、さとみは完治の同級生、三上(江口洋介)に心惹かれていた。

リカの積極的で一途な気持ちに、完治は一度はリカとつきあうことを決めるが、さとみへの想いを断ち切れないのも事実だった。
リカとさとみの間で心揺れる完治。そんな完治を見つめ続けるリカ。

ストレートな恋愛を繊細に描いたラブストーリー。
恋愛の重さという抽象的な葛藤を描いた、90年代を代表するドラマのひとつである。

1991年フジ系 全11話 (出演)鈴木保奈美 織田裕二 有森也実  江口洋介 (原作)柴門ふみ(脚本)坂元裕二
(主題歌)「ラブ・ストーリーは突然に」 小田和正

直線上に配置