12月24日   カンネロ城  (Cannero Castle)
直線上に配置                  


イタリアの北部には、湖水地方と呼ばれる景勝の土地がある。
マジョーレ湖は、ガルダ湖に次ぐイタリア第二の湖で、その北部はスイスにまたがる。

湖畔には、ホテルが建ち並び、湖に浮かぶ島巡りツアーが多くの観光客を惹きつける。
湖に浮かぶ島へ行くボートの発着地となっているのが、ストレーザ(Stresa)の街。

ストレーザは、アルプス山脈の麓に位置し、昔から風光明媚な保養地として名高い。
文豪ヘミングウェイをはじめ、多くの文化人、芸術家が滞在していたことでも知られる。

島々は、何世紀にも渡り湖を統治していた貴族の名前から、ボッロメオ諸島と呼ばれる。

ストレーザ沖の湖上に位置するベッラ島(Isola Bella)は、その名の通り「美しい島」。
17世紀に建てられたボッロメオ宮殿と壮麗な庭園は、島内観光の目玉となっている。


スイス国境近くの湖上にそびえ立つ「カンネロ城」は、15世紀に築かれた要塞である。
イタリアとスイスにまたがるこの湖は、古来から国境をめぐる抗争が繰り返されてきた。

北の国境を守るために建てられたこの要塞は、イタリア領土防衛の歴史を刻んできた。
だが、かつての防衛線は、18世紀以降はその役割を終え、城は荒廃するがままになった。

この蒼然とした古城と湖とが織りなすコントラストは、幻想的なまでの美しさである。


アクセスは、ミラノ中央駅(Milano Centrale)からストレーザ行きの列車で約1時間。
駅から湖岸に沿って、5分ほど歩くと船着場がある。

(Cannero Castle on Lake Maggiore, Italy)


直線上に配置