ひばり捕物帖 かんざし小判   1958年(昭和33年)       邦画名作選
直線上に配置

阿部川町で十手をあずかるお七は、実は老中阿部伊予守の妹・妙姫の仮の姿。

姫という身でありながら、手下の五郎八とともに、江戸の平安を守る捕物稼業。
今日も街では江戸美人番付が開催され、選ばれた娘達の華やかに踊る姿があった。

突然、娘の一人が何者かによって殺害され、かんざしを奪われる。
早速、犯人捜しに乗り出すお七と五郎八の前に、喧嘩屋の兵馬と名乗る浪人が現れた。


沢島忠監督の「ひばり捕物帖」シリーズ第一作。美空ひばりが、気っ風のいい下町の親分で実はお姫様。
東千代之介は、実は東映随一の酒豪という地を活かした呑んべえ浪人。が、いざというときは、めっぽう強い。

この二人のコンビが、大江戸美人殺人事件を追って、歌あり、剣あり、推理ありの大活躍。
美空の歌声を活かしつつも、娯楽時代劇としてきっちりとした作りで、リズム感溢れる楽しい作品となっている。

昭和30年代前後は、出演俳優が映画の主題歌を歌っており、ヒットした映画の主題歌が、流行歌となっていた。
つまり、流行歌手は映画に歌を吹き込んで、その映画のヒットのおかげで有名になった。

東映の美空ひばり、東宝の江利チエミ、雪村いづみ、ザ・ピーナッツらが歌う主題歌がヒットを重ねていた。
テレビ時代以前、あるいはレコードの大衆的普及以前の時代は、映画が日本の流行歌を牽引していたのである。



  製作  東映
  監督  沢島忠

  配役    阿部川町のお七 美空ひばり 阿部伊予守 尾上鯉之助 志垣主水正 薄田研二
      佐々木兵馬 東千代之介 伊賀の源次 沢村宗之助 澄江 円山栄子
      早耳の五郎八 堺駿二 お菊 七條友里子 田宮大介 里見浩太郎

直線上に配置
         

                    (かんざし小判)