紀ノ川   1966年(昭和41年)     邦画名作選
直線上に配置

明治32年、22歳の春を迎えた紀本花は、紀州の旧家真谷家に嫁ぐ。

真谷家の当主敬策は、東京帝大卒、24歳の若さで村長の要職にあった。
やがて二人に長女が生まれ、新時代に敏感な少女に成長する…。


真谷家に嫁いだ花は、自己を滅却して夫に仕え、家を盛り立てていこうと献身する。
愛も結婚もここでは個人単位ではなく、すべて家が単位なのだ。

しかし、花は父権的「家」制度下においても埋没することなく、個人としての自我
を保つことのできる女性であった。

夫の敬策の出世の基盤となった紀ノ川の治水事業の背景には花の助言があったのだ。
夫を後ろで支えているように見えて、その実したたかに実権を握っていたのである。

花が「家」制度を守る根底には、子を産み、立派に育てる強い意志が流れている。
世代を累々と繋ぐ意志は、花から娘の文緒、さらに孫の華子へと継承されてゆく。

物語の冒頭、豊かに水をたたえる紀ノ川を、嫁入り船が悠然と行くシーンで始まる。
本作には、川の情景が数多く登場し、紀ノ川がもうひとつの主役という印象を残す。

悠々と流れる母なる大河は、親から子、孫へ連綿と継承される生命を象徴している。



 
 製作  松竹
  監督  中村登

  配役   司葉子       文緒 岩下志麻 真谷浩策 丹波哲郎
      真谷敬策 田村高広       華子 有川由紀 ウメ 岩本多代
      政一郎 中野誠也       豊乃 東山千栄子 沢村貞子

直線上に配置