まあだだよ   1993年 (平成5年)       邦画名作選
直線上に配置

昭和18年、百關謳カは文筆活動に専念するため長年勤めた大学を辞めた。

だが先生の人柄を慕う門下生たちは、足繁く先生のもとを訪ねて来る。
ある日、先生の還暦の祝宴が開かれていた最中、空襲がやって来る。

家を焼かれた先生と奥さんは、知人の厚意で借りた小屋で暮らすようになるが…。


随筆家・内田百閧フ随筆を原案に、彼の日常と教師時代の教え子との交流を描く。
巨匠・黒澤明の30作目にして最後の作品。名優・松村達雄の軽妙な演技が光る。

空襲で焼け出されて、ほったて小屋に移り住むことになった先生と奥さん。
奥さん役を演じた香川京子に、黒澤監督から「ラブシーンを演じるように」と注文があった。

大変難しい注文で、大いに悩んだ香川だったが、開き直って体当たりで演技したという。
季節の移り変わりが美しく映し出される中、老いた夫婦の何気ない日常生活が綴られる。

二人の淡々とした幸せな光景は、その向こうに大きな愛が潜んでいるのを確かに感じさせてくれた。


  製作  大映     配給 東宝
  監督  黒澤明

  配役 内田百 松村達雄 甘木 所ジョージ         主治医    日下武史 
  奥さん 香川京子 桐山 油井昌由樹         和尚    小林亜星 
      高山 井川比佐志 沢村 寺尾聰              

直線上に配置