また逢う日まで  1950年 (昭和25年)       邦画名作選
直線上に配置                      

昭和18年。戦争まっただ中の日本。
空襲警報が鳴り響く地下鉄のホームで、三郎と螢子は初めて出会った。

二人は一目で惹かれ合い、互いにとって掛けがえのない存在へとなっていく。
しかし、そんな時も長くは続かず、ついに三郎の下に召集令状が届けられる。


この映画の原作となった「ピエールとリュス」は、ロマン・ロランの短編小説である。

第一次大戦下のパリで、青年ピエールと少女リュスの恋が、戦争のために悲劇に終わる物語。
ロランは、愛情一筋に生きた若者の恋愛の美しさを描き、背後に戦争の非人間性を鋭く訴えた。

「また逢う日まで」は、戦時下を舞台に、あえてその風潮に抗う恋人たちによるメロドラマで、
原作の筋立てに忠実であり、ロランの反戦精神は、今井正の演出によって見事によみがえった。

当時戦争を批判する映画は多数作られたが、概して観念的で評判はよくなかった。この作品に
至り「戦争を憎む気持ちをこれほどまで起こさせる映画はなかった」と評論家に言わせている。

なお、ヒロイン久我美子と、入隊目前の学生に扮した岡田英次とのガラス越しのキスシーンは、
日本映画史上において、いまだロマンティックな輝きを放ち続けている。


  製作  東宝
  監督  今井正

  配役    小野螢子 久我美子 田島二郎 河野秋武
      田島三郎 岡田英次 田島正子 風見章子
      田島英作 滝沢修 小野すが 杉村春子

直線上に配置