ののとゆかいな仲間達 (その228)       Top Page

1998年2月9日  HEY!HEY!HEY! 初出演!



初登場のモーニング娘。は、自己紹介からはじまりましたが、最後の福田明日香のところで・・・

浜田 「今度、中2?」 福田「・・・はい、そうです」
浜田 「え、何でそんなに間があるの?日本人か?」

松本 「キミ、銀杏(ぎんなん)やろ。」 福田「……。」

(一同爆笑するが、明日香は泣きそうになる。そのあと観客からもかわいそうの嵐)

浜田 「違う違う違う、本人は、違う、本人はおいしい思てんねん!」
松本 「わかったわかった、銀杏やめましょう。 ほんじゃあ焼銀杏!」 (一同大爆笑)



明日香ちゃんは、終始いじられまくりでしたね。
おそらく彼女は、ダウンタウンが一番いじりやすかったメンバーなのかもしれません。

「焼銀杏」のニックネームは、その後もすっかり明日香ちゃんの「代名詞」になってしまいました。
彼女はまだ13歳の感じやすい年頃。これが「トラウマ」になってしまわなければ良いのですが(汗



HEY980209.wmv

----------------------------------------------------------------------

(当時、13歳のアイドルとは思えぬ抜群の歌唱力を持ちながらも、うわべや派手さをもとめない真面目で
ストイックな性格だった福田明日香。

モーニング娘。加入後の活動は、チェックのミニスカートを着せられたり、水着写真集の撮影などで、本人の
自意識は相当揺れ動いていたのかも知れません。

そして、1999年4月19日、福田明日香ちゃん最後の「HEY!HEY!HEY!」
松本さンも、罪ほろぼしの意味でしょうか、彼女の最後の出演時は、その場にいる全員を立たせて、五本締めを
するなど、めずらしく愛情を感じさせる演出をしてました)



1998年2月20日 読売新聞朝刊「モーニングコーヒー」全面広告掲載


CDを購入してくれたファンへの感謝の気持ちを伝える全面広告が全国紙に掲載。
これから大々的にやるぞというスタッフの意気込み、 姿勢が十二分に感じられました。
オリコン初登場6位という好スタートをきって、これからの活躍がますます期待されますね。






1998年2月28日 MBS 「ヤングタウン土曜日」

明石家さんまがMCを担当する毎日放送のラジオ番組。
モーニング娘。は2組に分かれ、2週連続で出演しました。

「パックンチョのコーナー」は、ゲストがリスナーから寄せられた短い言葉を、色っぽく読むもので、ヤン土の名物コーナーになっています。
これに、中澤・福田コンビが挑戦しました。

○ 中澤裕子セクシー全快(洋物ポルノ風)でさんまさん絶賛!
さんま「新人にしてはすごいね。次のレギュラー、きみで決まりやね」
    
○ 福田明日香は棒読みでしたが、さんまさん「さわやか」「かわいい」と絶賛!
さんま「こんないたいけな子が将来、男と付き合う姿とか考えたくないよね」





石黒彩が特技とするETの顔まねが、全国初公開となりました。
さんまさんは大絶賛でしたが、ラジオだったので、スタジオにいる人以外は、なんのことかさっぱりわからない状態でした(笑

あと飯田圭織が「ドラえもん」や「鬼太郎の目玉おやじ」などの物まねを披露して、スタジオの爆笑を買ってました。
かおりんは、なかなか多彩なワザの持ち主で感心してしまいました。

1998/02/28 中澤裕子・福田明日香(初出演)

WMA/yantan980228.wma

1998/03/07 石黒彩・飯田圭織・安倍なつみ(初出演)


WMA/yantan980307.wma






                 






先頭へ戻る