古代ギリシア世界          歴史年表         ヨーロッパ史
直線上に配置              

都市国家ポリス

BC800年頃から、バルカン半島を中心にギリシア人のポリス(Polis 都市国家)がたくさん建設されました。

ほとんどのポリスは人口が2万にみたない小さなものでしたが、アテネとスパルタは、奴隷をふくめて20〜30万人くらいと思われます。

そして、どのポリスにも神殿が建てられた「アクロポリス」(Acropolis 城山)の丘があり、そのすそのには、裁判民会などをおこなう「アゴラ」(Agora 公共広場)とよばれる場所がありました。

ポリスの政治をおこなったのは、ポリスを守る人たちです。

はじめのうち、武器は高価だったので、ゆたかな貴族しか持てませんでした。
そのため貴族が政治の実権をにぎっていました。

やがて、経済が発展して、平民もゆたかになり、よろいやかぶと、長い槍などを用意して、戦争に参加するようになりました。

やがて、平民も政治に参加する権利を要求するようになりました。

東方のアケメネス朝ペルシア(Achaemenid Persian)との戦争が起こると、とくにBC480年のサラミスの海戦(Battle of Salamis)で、多くの平民が軍艦の漕ぎ手としてポリス防衛に活躍しました。

戦争が終わると、平民にも平等に政治に参加する権利があたえられました。

こうしてペルシアに勝利し、アテネの自由と独立が守られると、市民が話し合いによって政治をおこなう民主政治が始まりました。
アテネでは、将軍ペリクレス(Pericles)の指導により、18歳以上の男子市民が参加する「民会」で、政治が決定される仕組みが完成しました。

また、役人や裁判官は、希望する市民のなかからくじ引きでえらばれました。
しかし、女性やアテネに住む外国人、さらに総人口の3分の1をしめる奴隷には、政治に参加する権利はありませんでした。

経済も文化もおおいに栄えたアテネに対してスパルタが反発し、BC431年からペロポネソス戦争(Peloponnesian war)が起こりました。
この戦争はスパルタの勝利に終わりましたが、その後もギリシアでは、たびたび戦争が起こり、やがて民主政治も失われ、ポリスはおとろえていきました。


(ポリスとは、城壁内部と周辺の農村をあわせたものです。ポリスの数は、最盛期には1500以上あったとみられています。
それだけ多くのポリスが誕生したことには、ギリシアの複雑な地形が関係していました。

ギリシアは、多くの島があるうえ、陸地の地形は、山がちで、しかも海岸線が複雑に入り組んでいるため、古代では各都市間の交流が困難でした。

そのため、統一国家としてまとまりにくく、数多くの都市国家が並び立つことになったのです。
それらのポリスは、互いに戦争や同盟に明け暮れていましたが、統一されることはありませんでした。

しかし同時に、各ポリスの人々は「ギリシア人」としての同胞意識を抱き、その象徴が4年に一度のオリンピックでした。
この大会は、神に捧げる儀式として共同で営まれ、その期間中は、ポリス間のいかなる戦争も休戦状態になりました)

   
             


習い性となる

ある人がペリクレスの悪口を言った。
「人気取りのために無理してまじめな顔をしている」

すると哲学者のゼノン
「君もそうして人気を集めるようにするがいい。
まじめな顔をしていれば、だんだん本当にまじめになるさ」