一心太助 天下の一大事   1958年(昭和33年)       邦画名作選
直線上に配置

魚河岸の魚売り一心太助は、ひょんなことから自殺しようとしている男を助ける。

この男が言うには、大久保彦左衛門に、大事な許嫁を奪われて返してもらえない。
こうなったら、もう死ぬしかない、という話なのである。

ビックリ仰天、太助は、その幸吉という男の手を掴んで、彦左邸へ駈けつけた。
が、よくよく聞くと、それは隣家に住む旗本・丹波守の間違いだった。

御城改築奉行となった丹波守は、その役目をカサに、何かと悪い噂が絶えない人物だ。
御城改築に曲事ありと考えた彦左衛門は、さっそく改築現場に乗り込むのだが…。


ご存じ一心太助が、丹波守という悪旗本に許嫁を奪われた男を救い、大久保彦左衛門とともに
その悪旗本をやっつけるというお江戸痛快ストーリーである。

一本気で威勢のいい太助を演じる錦之助は、地でやっているようないきいきとした魅力を発散。
品格のある将軍家光との二役だが、見事に演じ分け、芸達者な面を覗かせる。

シリーズを通して沢島忠が監督しており、その現代感覚あふれたスピーディーなタッチが、
太助の粋でいなせな江戸っ子気質とうまく噛み合っている。

また本作に風格を与えているのは、彦左衛門に扮した月形龍之介の存在感のある演技だろう。
しゃがれ声と鋭い眼光で、古武士の心意気を淡々と語るシーンは、渋さも渋し、天下一品である。


  製作  東映
  監督  沢島忠

  配役    一心太助 中村錦之助 お仲 中原ひとみ 松平伊豆守 山形勲
      徳川家光 中村錦之助 おとよ 桜町弘子 川勝丹波守 進藤英太郎
      大久保彦左衛門 月形龍之介 良恵 丘さとみ 相模屋茂兵衛 原健策
      笹尾喜内 堺駿二 幸吉 田中春男

直線上に配置