王将   1962年 (昭和37年)        邦画名作選
直線上に配置                                

明治40年の大阪。草履作りの職人・坂田三吉は、三度の飯より将棋が好き。

大会があれば女房・小春の服を売り飛ばして出場し、何日も帰ってこない。
ある将棋大会でのこと。プロの関根七段が素人として参加していた。

そうとは知らない三吉は全力でぶつかるが…。


将棋界の鬼才・坂田三吉の波乱に満ちた半生を、名匠・伊藤大輔が映画化。
異端の棋士として伝説に残る坂田三吉とその妻・小春との15年に渡る絆を描いた名編。

先祖の仏壇から、挙句の果ては娘の着物まで質に入れて、将棋に狂う坂田三吉。
そんな三吉に愛想を尽かし、二人の子供を抱えて鉄道に飛び込もうとする小春。

「将棋はキッパリ止める」という三吉に「いっそ日本一になりなはれ」と逆に激励する。

淡島千景という女優は、どうしようもない亭主に尽くす苦労女房の役がとにかく上手い。
代表作の「夫婦善哉」でも、甲斐性なしの男を支えるしっかり者の芸者役を演じている。

本作に登場する坂田三吉の女房小春は、夫を陰に日向に支え抜く健気で一途な女性である。
それを現実に映像化するためには、淡島千景という個性が是非とも必要だったのであろう。


  製作  東映
  監督  伊藤大輔

  配役 坂田三吉 三国連太郎 関根名人 平幹二朗         西村    花沢徳衛 
  妻・小春 淡島千景 榊原 村田英雄         宮田    殿山泰司 
  娘・玉江 三田佳子 毛利 千葉真一              

直線上に配置