秋刀魚の味  1962年(昭和37年)    邦画名作選
直線上に配置

平山周平は、会社の重役で川崎の工場に勤めている。
家には長女路子と次男和夫がいて、妻を早くに亡くした以外、何の不足もない。

ある日、中学時代からの親友、河合が会社に訪ねて来て、路子の縁談を勧める。
平山は娘に結婚話を切り出すが、路子は自分が嫁にいくと父が困るからと渋る。

だが、クラス会で再会した恩師もまた妻に先立たれ、嫁にいき遅れた娘がいた。
恩師を自分と重ねあわせた平山は、これじゃいかん、と思い直すのだが…。


小津安二郎の遺作となった作品。娘の嫁入りを主題に、老いゆく者の悲哀と孤独が描かれる。

親友たちは「早く嫁にやれ」とやかましいが、平山にとっては、現在の娘との平穏な生活を
手離す気にはなれない。

ある日、中学時代のクラス会で、老恩師が退職後中華ソバ屋をやりながら婚期を逸した娘と
二人で生活していることを知る。

「私は、妻を失った寂しさのあまり、娘をそばへ置きすぎてオールドミスにしてしまった。
それが悔やまれる」と告白する老先生。

かつての教師としての威厳もかなぐり捨て、ソパ屋のオヤジになりきる悲哀が胸をえぐる。
その姿に恐縮しつつ物思う平山。

老恩師の悔恨を聞かされた平山は、秋も深まった日、娘を嫁がせる決心をするのである。


  製作  松竹
  監督    小津安二郎

  配役    平山路子 岩下志麻 妻・秋子 岡田茉莉子 恩師佐久間 東野英治郎
      父・周平 笠智衆 三浦豊 吉田輝雄 娘・伴子 杉村春子
      弟・和夫    三上真一郎        河合秀三   中村伸郎        バーのマダム    岸田今日子
      兄・幸一    佐田啓二        堀江晋   北竜二        若松の女将   高橋とよ 

直線上に配置