白鷺 (しらさぎ)   1958年(昭和33年)     邦画名作選
直線上に配置                                      

明治末期、日本橋の老舗の料亭が破産した。

一人娘のお篠は、傾いた家業のために料亭の芸者となって働き始める。
客で成金の五坂は、お篠を一目で気に入り、大枚をはたいてお篠をモノにしようとする。

ある日、お篠は一枚の絵を通じて若き画家・稲木と出会い、お互いに惹かれあうようになる。

だが五坂に大金を出してもらっている事を料亭の女将に諭され、お篠はやむなく
五坂が待つ寝室へ歩き出すのだった。


悲恋小説の最高峰とうたわれた泉鏡花の名作「白鷺」を、巨匠・衣笠貞之助が、映像化。
明治末の浜町河岸を舞台に、白鷺の如く美しく儚い一人の女性の悲恋を描いた文芸大作。

ミス日本出身の山本富士子が、女優としての転機を迎えたのは、衣笠貞之助との出会いであった。
新派劇の女形出身であった衣笠は、山本に最も美しく見えるポーズを自ら演じて見せて伝授した。

衣笠の指導により、演技開眼した山本は、運命に翻弄される料亭の娘・お篠を見事に演じきった。
本作は第12回カンヌ国際映画祭で特別表彰、山本もブルーリボン主演女優賞に輝いた傑作である。

 
  製作   大映
  監督   衣笠貞之助

  配役    お篠 山本富士子 伊達類子 三宅邦子
      稲木順一 川崎敬三 巽与吉 高松英郎
      五坂熊次郎 佐野周二 稲木孝 入江洋佑
      伊達七重 野添ひとみ 和歌吉 角梨枝子

直線上に配置