浮草   1959年 (昭和34年)       邦画名作選
直線上に配置            

駒十郎率いる旅回りの一座は、大した客入りも期待できない田舎で幕を開いた。

案の定興行は不振だったが、一座の親方・駒十郎は気にもかけない様子。
今日ものんきに、地元の青年・清と釣りを楽しんでいる。

これを不審に思ったのは駒十郎の連れ合い、すみ子。
一座の綺麗どころ加代に袖の下を渡し、清をたらしこんで内情を探るよう頼んでみたのだが…。


志摩半島の港町が舞台。旅廻りの一座とそれを取り巻く人々の様々な人間模様や恋を描く。
旅一座の座長を演じるのは中村鴈治郎。京マチ子、若尾文子といった女優陣が花を添える。

ラストシーン。駅の待合室でタバコをとり出す鴈治郎に、マッチの火を差しだす京マチ子。
一時は喧嘩別れした二人の、おかしくもほのぼのとした掛け合いが見せ場のひとつである。

人間と人間の間に存在するさまざまな感情が、淡々とした空間の中に丁寧に描かれている。
小津ならではの、ゆるやかな時間の流れと独特のセリフ回しは、大映製作の本作でも健在。


  製作  大映
  監督  小津安二郎

  配役 嵐駒十郎 中村鴈治郎 本間清 川口浩         相生座の旦那    笠智衆 
  すみ子 京マチ子 母お芳 杉村春子         吉之助    三井弘次 
  加代 若尾文子 小川軒のあい子 野添ひとみ              

直線上に配置