歌行燈   1960年(昭和35年)       邦画名作選
直線上に配置

能楽の名手・喜多八は、盲目の謡曲師・宗山の芸を侮辱し、彼を死に至らしめてしまう。

喜多八は宗山の娘・お袖に心奪われるが、事の真相を知った父から破門され放浪の日々を送る。

芸妓に身を落としたお袖はある日、地廻りに叩きつけられる青年を助けた。
それは喜多八の変わり果てた姿だった。

父の恨みも忘れ介抱するお袖。いつしか二人の間には愛が芽生えるようになり…。


能楽家元の息子と盲目の謡曲師の娘が、運命の糸に操られながらも純愛を貫く姿を描く。
能の幽玄美の世界を描きあげた泉鏡花の名作を、巨匠・衣笠貞之助が見事に映像で再現。

宗山を自殺に追いやった若き能楽師・喜多八(市川雷蔵)は、父から破門され、流浪の日々を送る。
その旅先で、宗山の娘・お袖(山本)と再会する。仇同士と知りながらいつしか二人は心ひかれあう。

お袖が仕舞の稽古を求めると喜多八は喜んで引受ける。早暁の裏山で二人のきびしい稽古が続いた。
朝もやの森の中、喜多八がお袖に舞を仕込むシーン。その幻想的な美しさに、観る者は圧倒される。


  製作  大映
  監督  衣笠貞之助

  配役 恩地喜多八 市川雷蔵 宗山 荒木忍
  恩地源三郎 柳永二郎 おこい 角梨枝子
      お袖 山本富士子 倉吉 上田吉二郎

直線上に配置