御存じ いれずみ判官   1960年(昭和35年)     邦画名作選
直線上に配置

遊び人の金四郎の父が、抜け荷買いの疑いをかけられ、奉行の職を追われてしまった。

あらぬ嫌疑を晴らして欲しいとの父の頼みで、さっそく真相究明に乗り出す金四郎。
加賀藩邸に忍びこんだ金四郎は、抜け荷を横流しする一味の陰謀をを察知する…。


遠山の金さんこと北町奉行遠山金四郎が、加賀百万石の悪事を裁き、度胸と啖呵で大暴れ。
御存じ片岡千恵蔵の十八番「いれずみ判官」シリーズ第十六作。

困った人がいれば体を張って助ける粋でいなせな江戸っ子、遠山の金さん(片岡千恵蔵)。
今日も同じ孔雀長屋に住むお景(丘さとみ)を救うべく、浪人相手に大立ち回りだ。

このお景ちゃんが金さんにベタ惚れなのだが、二人の組み合わせはどうみても父と娘。
そこはご愛嬌で、とにかく庶民派の金さんは長屋の住人から愛される求心力がある。

実は町奉行の金さんは、市井の人々の暮らしを知るため、長屋暮らしをしているのだ。
お白洲に颯爽と登場した金さんは、悪党どもを懲らしめ、弱き庶民から拍手喝采をあびる。

この庶民の心情を反映した名裁きぶりが、金さんの物語を不朽のものにしているのだ。


  製作  東映
  監督  佐々木康

  配役    遠山金四郎 片岡千恵蔵 雪翁 月形龍之介 太吉 片岡栄二郎
      丑松 千秋実 大月利左衛門 山形勲 お半 木暮実千代
      お景 丘さとみ 皿子十兵衛 進藤英太郎 徳川家慶 徳大寺伸

直線上に配置