女の歴史   1963年 (昭和38年)       邦画名作選
直線上に配置                      

見初められて商家に嫁いだ信子は夫との間に息子をもうけるが、夫は戦死してしまう。

戦後、夫の親友・秋本と再会し、ほのかな想いを寄せるが、秋本はやがて姿を消す。
息子を抱え、闇屋をしながら戦後を生き抜いた信子は、ささやかな美容院を開く。

息子の功平は成長して車のセールスマンとして働きはじめる。
しかし、ある日、功平はキャバレーで働く恋人みどりを残して事故死してしまう。


功平の死後、みどり(星由里子)が訪ねてきて妊娠していることを告げる。
信子(高峰秀子)は「誰の子かわかるものか」と冷たく突き放す。

みどりは怒りを見せ「だったら堕ろします」と言い捨てて出ていく。
後悔した信子が後を追うと、アパートの隣人から「病院へいった」と言われる。

呆然として雨の中を歩いていると、濡れながら帰ってくるみどりと出会う。
「もう、堕ろしたの」と尋ねると、みどりは黙って母子手帳を見せる。

戦争に愛する夫を奪われ、女手一つで育てた息子も交通事故で失った信子の歴史。
そして同じ境遇になったみどりの歴史が続いていく。

「女の歴史」は「女たちの歴史」でもあったのだ。
悲しみを乗り越え、強く逞しく生きる女性像を追求した、名匠・成瀬巳喜男、渾身の一作。


  製作  東宝
  監督  成瀬巳喜男

  配役 清水信子 高峰秀子 幸一の母 賀原夏子         三沢玉枝    淡路恵子 
  夫・幸一 宝田明 秋本隆 仲代達矢         飛田    加東大介 
  息子・功平 山崎努 富永みどり 星由里子              

直線上に配置