挽歌 (ばんか)   1957年 (昭和32年)       邦画名作選
直線上に配置                            

さいはての地、北海道・釧路。
劇団で美術部員として働く怜子は、ふとした事から建築技師・桂木と知り合い好感を抱く。

ある日、怜子は桂木の妻・あき子が若い男と会っているところを目撃してしまう。
怜子は、好奇心から桂木に接近し誘惑しようとするが、次第に桂木に惹かれていく…。


原田康子の同名ベストセラー小説を、巨匠・五所平之助が映画化。

フランス映画を思わせる華やかでエレガントな主題歌で始まり、
異国情緒漂う釧路の霧の街並みが幻想的で美しく撮られている。

北の大地で奔放な生活を送るヒロインの心理と行動の描写は、社会的現象を惹き起こし、
慣習に囚われない生活スタイルやファッションを真似る若者「挽歌族」が生まれた。


 製作  松竹
 監督  五所平之助

  配役  兵藤怜子 久我美子 ばあや 浦辺粂子
    怜子の父 斎藤達雄 古瀬達巳 渡辺文雄
    桂木節雄 森雅之 久田幹夫 石浜朗
    妻あき子 高峰三枝子

直線上に配置

   
                       挽歌(越路吹雪)