小早川家の秋 (こはやがわけのあき) 1961年(昭和36年)    邦画名作選
直線上に配置

万兵衛の長男の嫁・秋子を再婚させようと、親戚連中は手を尽くすが、秋子はなかなか承諾しない。

一方、妻に先立たれた万兵衛は、昔なじみの妾とよりを戻し、人目を盗んでは通い詰めていた。
だが妻の法事の夜、急に倒れる万兵衛。一時は回復するが、数日後、妾の家でぽっくり逝ってしまう。


小津安二郎が、東宝で主演級の俳優を起用して撮った作品。
東宝側は、専属俳優を小津映画に出演させ、従来と異なるイメージを引き出すという狙いがあった。

だがこの頃、東宝は、森繁久彌主演の「社長シリーズ」が人気を博しており、小津にまかされた
メンバーは、小林桂樹、加東大介、新珠三千代、団令子といった、いわゆる「森繁組」だった。

抑制した演技を追求する小津は、アドリブを多用する森繁には、かなりの抵抗感があったらしい。

森繁の役回りは、未亡人原節子の見合い相手なのだが、小津は森繁に何度もダメ出ししたあげく、
劇中で原に「品行は直せても、品性までは直らない」というセリフをわざわざ言わせている。

小津のお気に入りは、新珠三千代だったようで、小早川家の当主万兵衛(中村鴈治郎)の浮気と
それをたしなめる娘(新珠)を軸として物語は進められている。

万兵衛と娘が、幾度か喧嘩するシーンがあるが、父親の浮気に対して嫌悪むき出しにする娘の、
愛着ゆえの憎しみ、そして夫との関係が見事に表現されている。

そして万兵衛が倒れた時、放蕩三昧の父親であったが、かけがえのない存在であり、家族の大きな
心の支えであったことを悟り、娘は思わず泣きじゃくるのだった。


  製作  東宝
  監督    小津安二郎

  配役    小早川万兵衛 中村鴈治郎 次女紀子 司葉子 加藤しげ 杉村春子
      長男の嫁秋子 原節子 佐々木つね 浪花千栄子 北川弥之助 加東大介
      長女文子    新珠三千代        娘百合子    団令子        寺本忠    宝田明 
      その夫久夫    小林桂樹        磯村英一郎    森繁久彌        山口信吉    山茶花究 

直線上に配置