新吾十番勝負    1959年(昭和34年)       邦画名作選
直線上に配置

両親を知らずに育った美貌の剣士・葵新吾は、ひたすら剣の道に邁進していた。

ところがある日、自分が江戸幕府八代将軍・徳川吉宗の落胤であることを知る。
わが子の身を案じていた将軍吉宗の命により、早速、親子対面の運びとなった。

だが、親子対面を阻止せんと策謀する老中河内守の一味が、新吾に襲いかかる…。


大川橋蔵の代名詞とも言われる川口松太郎原作の「新吾」シリーズ第一作。

痛快なチャンバラの一方で、さまざまな制約から父母と再会することのできない
葵新吾の懊悩が観客の涙を誘った。

剣豪小説の主人公を、父恋い母恋いの紅顔の美剣士にして、情話のテイストを
盛り込んだところに、作者の工夫がうかがえる。

無類の剣の強さと、その背後に人間の弱さ、未完成さをあわせもつ葵新吾の
波乱にみちた人生を映像化した本シリーズは、橋蔵の最大の当たり役となった。


  製作  東映
  監督  松田定次

  配役    葵新吾 大川橋蔵 真崎庄三郎 岡田英次
      徳川吉宗 大友柳太朗 安藤対馬守 大河内伝次郎
      お鯉の方 長谷川裕見子 綾姫 佐久間良子
      お縫 桜町弘子 武田一真 月形龍之介
      梅井多門    山形勲        老中河内守    薄田研二 

直線上に配置