秋日和   1960年 (昭和35年)        邦画名作選
直線上に配置                        

24歳になるアヤ子は母と団地で二人暮らし。

亡き父の友人であるおじさま三人衆は、アヤ子に見合い話をお膳立てする。
しかし、アヤ子がまだ結婚する気がないというので、話は立ち消えた。

聞けば、嫁いでしまうと、母がひとりぼっちになってしまうからだという。
だったら母親が再婚すればいいと、おじさまは勝手に母親の縁談を持ち出す。

母の再婚話を知ったアヤ子は反発を覚えるが …。


東宝のドル箱スター・司葉子の松竹初出演作品である。
監督の小津安二郎は脚本の時点で、娘役は司葉子に決めていたという。

小津に見初められ、熱烈なオファーを受けて、司葉子の松竹出演が実現した。
後に小津は、司が出演したお返しに東宝で「小早川家の秋」を撮ることになる。

本作で、美貌の寡婦を演じた原節子とその娘司葉子のコンビが「小早川家の秋」では、
同じく夫に先立たれた寡婦とその義理の妹を演じている。


  製作 松竹
  監督 小津安二郎


  配役 三輪秋子 原節子   間宮宗一 佐分利信   田口秀三 中村伸郎
  娘・アヤ子 司葉子   娘・路子 桑野みゆき   三輪周吉 笠智衆
  佐々木百合子 岡田茉莉子   平山精一郎 北竜二   受付係 岩下志麻
  後藤庄太郎 佐田啓二   息子・幸一 三上真一郎   若松の女将 高橋とよ

直線上に配置