宗方姉妹 (むねかたきょうだい)  1950年(昭和25年)  邦画名作選
直線上に配置

節子は、失業中の夫を、バーの雇われマダムをして支えている。

妹の満里子は、姉の日記を読んで、田代という恋人がいたことを知る。
田代は、節子の店の資金難を知り、久しぶりに節子の前に姿を見せる。

だが店の資金が、田代から出たことを知った夫の亮助は、節子を殴りつける。
節子は、妹の満里子に、離婚の決意を告げるのだった…。


主人公の節子(田中絹代)は、映画では、一貫して着物姿である。一方、妹の満里子(高峰秀子)は、
洋装であり、戦前の旧習に生きる姉と、戦後の自由主義に生きる妹とを、暗示的に対比させている。

妹は姉の日記を読んでしまったことを告げ、なぜ田代(上原謙)と結婚しなかったのかと問い詰める。
節子は、田代を本当に好きだと気付いた時には、亮助(山村聡)との話が決まっていたのだと答える。

数日後、亮助は節子へ別れ話を持ち出す。「何故」と問う節子へ、亮助は激しい平手打ちを食わせる。
理不尽な暴力を受けた直後、節子は、妹の満里子に夫と別れると告げる。

だがその夜、泥酔して帰宅した亮助は、足元がふらつき、発作で激しく倒れて急死してしまう。
節子は夫の死に、なにか釈然としないものを感じる。

もしかしたら、自分が夫をここまで追い詰めてしまったのではないか、節子は自責の念にかられる。
夫の死に負い目を感じた節子は、田代との再婚を断念するのだった。

映画の中で、小津は古風な節子の生き方に焦点を絞り、姉に反発する妹の対照的な人生を通して、
日本人の価値観の変化を浮き彫りにしようと試みる。

貞節を貫くために、自ら身を引くという節子の姿は、作者大仏次郎の明確な倫理観の現れであり、
戦後の自我の解放だけが現代的だとする軽佻浮薄な時代への、小津自身の率直な抵抗でもあった。


  製作  新東宝
  監督    小津安二郎

  配役    宗方節子 田中絹代 妹・満里子 高峰秀子 田代宏 上原謙
      夫・亮助 山村聡 父・忠親 笠智衆 真下頼子 高杉早苗

直線上に配置